アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

オクターブ以上の音程になったとき

有吉尚子です。こんにちは!

楽典を一緒に読んで見ましょう!
のシリーズ、
前回に引き続きp.76音程の
項目の続きからいきましょう。

この辺は本に書いてある通りで特に
解説の必要はないかもしれません。

度数は二つの音の間隔が
オクターブを越える場合も
数え方は同じで、
例えばドとオクターブ上のレなら
ドレミファソラシドレと数えて
9度といいます。

これはオクターブ(8度)+2度で
10度とは言わないんですね。

オクターブ(8度)+2度で
ドレミファソラシドレの9度です。

それでは簡単なのでp.77の例題を
やってみましょう!

解答も書いてあるのでわかりやすい
ですが一応順番に見ていきます。

1.ドレミファで音が4個なので4度

2.ミファソで音が3個なので3度

3.ドとド#ですがドレミでいうと
どちらもドで音が一個なので1度

4.ソラシドレミで音が6個なので6度

5.ソラシドレミファで音が7個
なので7度

6.ソラシドレで音が5個なので5度

7.ファソラシドレミファで音は8個

8.ドシラで音は3個

9.ミレドシラソファミレドで10個

10.レドシラソで5個

11.ソとソ、同度なので1度

2つの音の間隔のことなので
もし途中で音部記号が変わっても
数え方は同じです。

シンプルですね!

例題、簡単ですがバカバカしいとか
めんどくさいとか言ってサボると
後になるにつれて忘れたり意外に
わかってないことが出てきたりしがち
なのでぜひ簡単なうちから
やってみてくださいね!

それからまだ楽典の本を
持ってなくて買いたいという方は
こちらからどうぞ。
(アマゾンリンク)

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド