アナリーゼ ソルフェージュ 練習

一目見て分析ができる楽譜の読み方

Pocket

リトミックについて、ダルクローズメソッドのことを以前ご紹介しましたね。

「リトミックは子供向け」というのは実は日本だけの認識で、本当は音楽専門家の訓練のためのものなのです。

有吉尚子です。こんにちは!

リトミックが日本で子供向けとして知られるようになったのは持ち込まれた時期の色んな経緯が関係してるそうですがその話はまたそのうち。

音楽のレッスンに取り入れると良いアイデアがたくさんなのでそのエッセンスを少しだけご紹介したいと思います。

音や和声の把握にとても役立つ手法の一つに「番号唱」というのがあります。

その調の主音を1として、何番目の音かによって番号で捉えるやり方です。

例えばC-durなら

ド→1
レ→2
ミ→3



シ→7

となります。

G-durなら

ソ→1
ラ→2
シ→3



ファ♯→7

ですね。

音階や曲を階名でもドイツ音名でもなく番号で歌えると、その調での和声の機能や音の役割が一目でわかるようになります。

ついでにスコアを読むときなんかにとっても重宝する初見移調の力もついてしまいます。

試しに手近にある簡単な楽譜を使って番号唱をやってみましょう。

2016-09-07_17.34.38

初めはややこしいのでC-durで試してみるのがオススメです。

それができたら別の調にチャレンジしてみましょう。

意外に難しいのではないでしょうか。

リトミックは奥が深いのです。

番号に変換するのに慣れたら、今度は反対に番号を音名にしてみましょう。

例えばクイズです。

これは何の曲かわかりますか?

1ー23ー13ー1ー3ー
2ー344324ー
3ー45ー35ー3ー5ー
4ー566546ー

わかった方は主音がドのパターンだけでなくシ♭やソやレの調でも歌ってみましょう。

そんな風に番号唱に慣れると便利なことがたくさんあるので、気に入った方は是非普段のご自身の練習やレッスンに取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド