アナリーゼ ソルフェージュ 練習

一目見て分析ができる楽譜の読み方

リトミックについて、
ダルクローズメソッドのことを
以前ご紹介しましたね。

「リトミックは子供向け」と
いうのは実は日本だけの認識で、
本当は音楽専門家の訓練の
ためのものなのです。

有吉尚子です。こんにちは!

リトミックが日本で子供向け
として知られるようになったのは
持ち込まれた時期の色んな
経緯が関係してるそうですが
その話はまたそのうち。

音楽のレッスンに取り入れると
良いアイデアがたくさんなので
そのエッセンスを少しだけ
ご紹介したいと思います。

音や和声の把握にとても役立つ
手法の一つに「番号唱」というのが
あります。

その調の主音を1として、
何番目の音かによって番号で
捉えるやり方です。

例えばC-durなら

ド→1
レ→2
ミ→3



シ→7

となります。

G-durなら

ソ→1
ラ→2
シ→3



ファ♯→7

ですね。

音階や曲を階名でもドイツ音名
でもなく番号で歌えると、
その調での和声の機能や音の
役割が一目でわかるように
なります。

ついでにスコアを読むときなんかに
とっても重宝する初見移調の力
ついてしまいます。

試しに手近にある簡単な楽譜
を使って番号唱を
やってみましょう。

2016-09-07_17.34.38

初めはややこしいので
C-durで試してみるのが
オススメです。

それができたら別の調にチャレンジ
してみましょう。

意外に難しいのでは
ないでしょうか。
リトミックは奥が深いのです。

番号に変換するのに慣れたら、
今度は反対に番号を音名に
してみましょう。

例えばクイズです。
これは何の曲かわかりますか?

1ー23ー13ー1ー3ー
2ー344324ー
3ー45ー35ー3ー5ー
4ー566546ー

わかった方は主音がドの
パターンだけでなくシ♭や
ソやレの調でも歌ってみましょう。

そんな風に番号唱に慣れると
便利なことがたくさんあるので、
気に入った方は是非
普段のご自身の練習やレッスンに
取り入れてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド