アナリーゼ ソルフェージュ 練習

声に自信がなくても歌えます

Pocket

前回の記事でダルクローズメソッドに基づいた番号唱のやり方とその効果についてご紹介しました。

有吉尚子です。こんにちは!

今回はその番号を各調スケールで歌うやり方をご紹介します。

楽器のコントロールに意識を取られないためと、半音や全音の正確な間隔を身につけるために、まずは楽器ではなく声でやってみることをオススメします。

人の声の音域で主音から主音まで各調で歌うのは、音域に限界があるので声楽家でないとなかなか難しいですね。

そこでダルクローズのリトミックではダルクローズ・スケールというものを使って声での番号唱音階をやります。

12345671と主音から順番に並べたとき、長音階だと3と4、7と1の間が半音であとは全音一つ分のインターバルになっていますね。

2016-09-07_18.07.11

改めてそれをまず頭においておきましょう。

ドが主音のときはわかりやすいので簡単に歌ってみてください。

それができたら、例えば主音をソにしてみましょう。

低いソからでも高いソからでも訓練を積んだ声楽家でない限り楽には歌えないと思います。

そこで。

ダルクローズ・スケールでは真ん中のドの音からスタートするんです。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド
歌うのはこの順番です。

主音のソが1番なので当てはまる番号は
4 5 6 7 1 2 3 4
となります。

3と4、7と1の間が半音になるためにはファに♯をつけますね。

2016-09-07_18.09.53

別の例で主音がシ♭になる場合は、主音のシ♭が1番なので
ド レ ミ♭ ファ ソ ラ シ♭ ド
2 3 4  5  6  7 1 2
となります。

何番と何番の間がどんなインターバルになっているかきちんと把握していないと歌えないと思います。

そして番号で音を考えるとその調性の中でのドミナントなのかサブドミナントなのか、なんていう機能がはっきり見えてくるはずです。

私のソルフェージュのレッスンではやりやすく面白くするために色んなメソッドのアイデアを使って実践的なことを行っているので、アマチュアの生徒さんでも初見で演奏しながらアナリーゼをとっても軽々とやってしまいます。

面白いなと思った方はぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド