コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル

音程が上ずってしまう

Pocket

「ピッチが高くて、いつもバレル、上管、下管、ベルを異常に抜いています。アンブシュアを直してピッチを下げようと試みるも心が折れそうです。」

というご相談をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

「バレル、上管、下管、ベル」というパーツを挙げるということはこの方はクラリネット吹きさんのようですね。

直接見ていないウェブ上では正確なアドバイスは出来ないので参考になるかどうかはわかりませんが音程が高く感じられるときにありがちなことをご紹介したいと思います。

ひとつめは自分の音を注意して聴こうとするあまり無意識に音程を上げることで周りから際立たせている可能性。

埋もれてしまいそうなソロの時などほんの少し音程を高めにすると際立って聞こえたりします。

もしかしたら意識していなくてもそういう方向で自分の音に注意を払おうとしてしまう、ということもあるかもしれませんね。

ぴったり周りと合っている時は実は自分の音って際立っては聞こえないものです。

もうひとつは音程が悪いからといって遠慮して縮こまって吹いてしまっている可能性。

身体のあちこちを縮こまらせて力んだ状態だと制限されて鳴らない倍音が出てきてしまい高い倍音ばかりが突き抜けてしまい、そうすると結果的に高めに聞こえてしまうなんてこともあります。

いっそ開き直って堂々と音を出した方が合いやすい、なんてこともあるんですね。

他にもクラリネットだとリードが厚いとアンブシュアが締まりがちになるので音程が上がることもありますね。

そういうときは強く噛まなくてもラクに音が出るリードを選ぶというのもひとつの手です。

などなど、今回は実際に演奏しているところを見ているわけでも、どんな風に高いのかも具体的にはわからないので的外れな回答かもしれませんが、もし参考になることがあれば使っていただけたらと思います。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル

© 2021 聴く耳育成メソッド