楽器練習効率化ガイドブック

ピッチが高くて、いつもバレル、
上管、下管、ベルを異常に
抜いています。

アンブシュアを直して
ピッチを下げようと試みるも
心が折れそうです。

というご相談をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

「バレル、上管、下管、ベル」
というパーツを挙げるということは
この方はクラリネット吹きさんの
ようですね。

直接見ていないウェブ上では
正確なアドバイスは出来ないので
参考になるかどうかは
わかりませんが
音程が高く感じられるときに
ありがちなことをご紹介
したいと思います。

ひとつめは自分の音を注意して
聴こうとするあまり無意識に
音程を上げることで
周りから際立たせている可能性。

埋もれてしまいそうなソロの時など
ほんの少し音程を高めにすると
際立って聞こえたりします。

もしかしたら意識していなくても
そういう方向で自分の音に注意を
払おうとしてしまう、ということも
あるかもしれませんね。

ぴったり周りと合っている時は
実は自分の音って際立っては
聞こえないものです。

もうひとつは音程が悪いから
といって遠慮して縮こまって
吹いてしまっている可能性。

身体のあちこちを縮こまらせて
力んだ状態だと
制限されて鳴らない倍音
が出てきてしまい高い倍音ばかりが
突き抜けてしまい、
そうすると結果的に高めに
聞こえてしまうなんてことも
あります。

いっそ開き直って堂々と
音を出した方が合いやすい、
なんてこともあるんですね。

他にもクラリネットだとリードが
厚いとアンブシュアが締まりがちに
なるので音程が上がることも
ありますね。

そういうときは強く噛まなくても
ラクに音が出るリードを選ぶ
というのもひとつの手です。

などなど、今回は実際に演奏して
いるところを見ているわけでも、
どんな風に高いのかも
具体的にはわからないので
的外れな回答かもしれませんが、
もし参考になることがあれば
使っていただけたらと思います。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。