楽器練習効率化ガイドブック

リズムを正確にカウントする
というのはスキルの必要なこと。

それは当たり前に知ってますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

「一度だけソルフェージュの
レッスンを体験してみたい」

という方から体験したあとに
とっても多く出てくるコメントは

「これを自分でやってみます」

というひと言。

依存せずに自分でやってみようと
思うのは素晴らしいことですね!

ところで。

ソルフェージュのレッスンでは
まず最初に基準に対して
自分がどれくらいズレる傾向が
あるかというのを知るところから
始めることが多いんです。

そして多くの方が自分では
ちょうどぴったりだと思っている
タイミングが大きくズレてることに
衝撃を受けられます。

そして。

これまた多くの方がご自身のズレに
気がついていなかったことにも
びっくりされるんです。

普通に考えてリズムが基準に対して
ズレていたら聴けばわかると
思うかもしれませんよね。

でも実際は聴いてるつもりでも
ズレに気付かないっていうのは
あるあるなんです。

「だいたい合ってる」

「ほぼ同時のタイミングだった」

「いまのは許容範囲かな?」

多くのベテランプレーヤーが
そういうのを
「合ってるから大丈夫」
という風にみなしているんですね。

実際にぴったり微細なズレもなく
合っているときには
「だいたい」とか「ほぼ」とか
「許容範囲」なんて感じません。

ピンポイントでここ以外には無い
ツボをキャッチしたという風に
感じるもの。

つまり、
だいたい合ってる許容範囲かな?
と感じるってことはズレてる
ということなんです。

ほとんどの方がその
合っているの基準が甘いんです。

そしてそんな甘い基準でしか
自分の出した聴いていないために
耳のいい人が聴いたら
てんで見当外れに感じるような
大きなズレに気付かないことも。

これを読んでる方はきっと

「自分はそんなことない。
ズレたらちゃんとわかる」

と思うでしょう。

でも、
あなたが合っていると思っている
そのタイミング、
実際はズレてるんですよ。

だから

「自分でやってみます」

そんなことを言っている
ほとんどの方はレッスンのあとに
結局自分じゃ出来ないんです。

自分でやるとしても
そのときに本当に目指したいのは
メトロノームで基準テンポを
鳴らして合わせることではなく、
「ズレている」
の基準を厳しくして
耳の精度を上げること。

自分の耳の精度が上がってるのか
はたまた甘いままなのか、
それが判断できるなら自分でやる
というのは充分可能です。

でもズレてるものを合ってると
思ってるのにどうやって耳の精度を
上げるんでしょう?

メトロノームがあれば出来るなら
誰にだって出来ているはず。

メトロノームがあっても
あなたの耳の精度がイマイチだから
ズレているんですよ。

それは指摘されなきゃ
わからないことです。

いつまでもズレてるものを
「合ってる」
と思い込んでいて満足ですか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。