楽器練習効率化ガイドブック

楽器やマウスピースの選定のとき、
「今までのものよりも大きな音が
 楽に出てしまって変だから
 これは選ばない」
なんてこと思ったことは
ありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

「音が抜けすぎるからこわい」
「コントロールする自信がない」

なんて理由をつけて結局
それまでと大差ないものを
選んでしまうなんてことも
ありがちですね。

dsc_0155

客観的に見てみると
おかしな話ですが、
なぜ今までよりも楽に
良い演奏をできる仕掛けが
イヤなのでしょうか。

まず普通に考えて新しい仕掛けに
なるとそれまでと比べて違和感
あるでしょう。

人は慣れた感覚を正しくて安全だと
認識して、違和感は間違ったもの
だと思ってしまいやすいそうです。

「違和感があるから何か
間違ってるにちがいない!
と思ってしまうのは自然なこと
なんだとか。

その違和感が正しい方向に
向かう変化なのかそうでないのか
というのはあまり関係なく
本能レベルの無意識下で
起こるそうです。

そしてその違和感を避けたい
という欲求に従った結果、
今までと大して変わらない
同じような不具合のある仕掛けを
選んでしまいやすいのですね。

しかし、仕掛けを変えるのは
何か変化が欲しいからなはず。

新しく仕掛けを選定する時には
最初に求めている変化が
どんなものなのかをはっきりさせて
それによって思い切った
変化のあるものを選ぶのも
意味のあることですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。