アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心 練習 身体の仕組み

スミマセン反射による悪循環

Pocket

演奏中に何か間違えたりうまくいかなかったりしたときつい反射的に「すみません」なんて言ってしまってないですか?

有吉尚子です。こんにちは!

部活の吹奏楽なんかではありがちですね。

「すみません」と言わなくても肩をすくめたり申し訳なさそうに縮こまったり、というのもありがちです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

しかし人間の身体はあちこちが縮まると動きが悪くなるようにできているので、そういうミスをした申し訳なさの表明はさらなるミスを生む、という悪循環を作り出してしまうことも。

じゃあそこで縮まるのはやめましょう!と言うのは簡単ですが「縮むのをやめる」と思ってもあまり効果はありません。

無意識でやるほど慣れた習慣的な反応なので「ただそれをしない」という意図があるだけではやはり反射的に縮こまりが起きるのですね。

ここではスミマセン反射という名前をつけてしまいましょう。

では、縮まる代わりに実際に起きてほしいことはどんなことなのでしょうか?

ミスをした後に起きてほしいのはミスに対してどう思うかの表明ではなくて次に良い演奏をするためのことですね。

スミマセン反射が起きそうなとき、大きな動きをして身体をほぐすとか次のフレーズについて準備するなど考えたいことを事前に用意しておくのがひとつの対策です。

普段のひとりでの練習ではあまり出てなくても本番やレッスンの最中にはたくさん見られるこの反応、無自覚になっていて悪循環を生んでいることも多いので気にしておきたいですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド