コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

カノン遊びで耳を良くしちゃおう!

いろんなパターンの聞き取りの
練習をご紹介してきましたが、
今回はさらにもう一歩ソルフェの
スキルをアップさせる方法
ご紹介いたします。

有吉尚子です。こんにちは!

カエルの歌で知られるカノン、
これって決まった曲でなく
即興的な要素も取り入れることで
耳のトレーニングと聴き取ったもの
への反応力を育てるような
使い方ができるんです。

ダルクローズのリトミックでは
とてもよく使われる手法で
楽しいしそれなりに頭も使うし
耳のスキルアップにもなって
一石何鳥かの都合のいい
ものなんですね。

具体的にはどんな風にすれば
いいのでしょうか。

楽団のお仲間と一緒に
ぜひやってみましょう!

まず一人がなんでもいいので即興で
短くてシンプルなメロディを演奏し、
それを聴いた人が一小節遅れで
マネして行きます。

とはいえ初めからメロディを
マネするのは難しいので、
まずはリズムだけをマネするのが
最初はおすすめです。

例えばこんな風に。

初めは音程の要素を無しにして
聴き取るものも再現するものも
リズムだけにしてみます。

手拍子や太鼓などでやっても
いいでしょうし、
楽器の一音だけを選んで
その音でやってもいいかも
しれませんね。

提示する人とマネする人では
違う音を使うのがポイントです。

それに慣れたら次のステップ。

提示する人が音程のある旋律を
演奏して、マネする人は
そこからリズムの要素だけを
聴き取って再現します。

それもすっかり慣れたら今度は
音程も聴き取ってメロディも
再現してみましょう。

今ご紹介した例では
マネする人が演奏し始める時に
提示するパートの音程やリズムが
シンプルになっていて、
マネする時には単純な音形を
演奏しながら聴き取ることに集中
できるようになっています。

番号が進むごとに少しずつレベルが
上がっていますが、似たような
シンプルな音形で何度かやって
慣れてきたらリズムパターンを
増やしたり音程の跳躍を広げたり
していくのがオススメです。

また提示する役とマネする役を
交代してどちらも体験すると、
提示する人にとっては
音程やリズムを正確に表現する
練習にもなるので交換しつつ
やってみるというのもいいですね!

ひとつ気をつけたいのは、
聴き取って再現することが
このカノンのテーマです。

一緒に楽譜を見ながら、
なんて使い方では意味が
変わってしまいます。

慣れたら即興のメロディを作って
休憩時間に遊びながら
耳のトレーニングをしてみて
くださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド