コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

カノン遊びで耳を良くしちゃおう!

Pocket

いろんなパターンの聞き取りの練習をご紹介してきましたが、今回はさらにもう一歩ソルフェのスキルをアップさせる方法をご紹介いたします。

有吉尚子です。こんにちは!

カエルの歌で知られるカノン、これって決まった曲でなく即興的な要素も取り入れることで耳のトレーニングと聴き取ったものへの反応力を育てるような使い方ができるんです。

ダルクローズのリトミックではとてもよく使われる手法で楽しいしそれなりに頭も使うし耳のスキルアップにもなって一石何鳥かの都合のいいものなんですね。

具体的にはどんな風にすればいいのでしょうか。

楽団のお仲間と一緒にぜひやってみましょう!

まず一人がなんでもいいので即興で短くてシンプルなメロディを演奏し、それを聴いた人が一小節遅れでマネして行きます。

とはいえ初めからメロディをマネするのは難しいので、まずはリズムだけをマネするのが最初はおすすめです。

例えばこんな風に。

初めは音程の要素を無しにして聴き取るものも再現するものもリズムだけにしてみます。

手拍子や太鼓などでやってもいいでしょうし、楽器の一音だけを選んでその音でやってもいいかもしれませんね。

提示する人とマネする人では違う音を使うのがポイントです。

それに慣れたら次のステップ。

提示する人が音程のある旋律を演奏して、マネする人はそこからリズムの要素だけを聴き取って再現します。

それもすっかり慣れたら今度は音程も聴き取ってメロディも再現してみましょう。

今ご紹介した例ではマネする人が演奏し始める時に提示するパートの音程やリズムがシンプルになっていて、マネする時には単純な音形を演奏しながら聴き取ることに集中できるようになっています。

番号が進むごとに少しずつレベルが上がっていますが、似たようなシンプルな音形で何度かやって慣れてきたらリズムパターンを増やしたり音程の跳躍を広げたりしていくのがオススメです。

また提示する役とマネする役を交代してどちらも体験すると、提示する人にとっては音程やリズムを正確に表現する練習にもなるので交換しつつやってみるというのもいいですね!

ひとつ気をつけたいのは、聴き取って再現することがこのカノンのテーマです。

一緒に楽譜を見ながら、なんて使い方では意味が変わってしまいます。

慣れたら即興のメロディを作って休憩時間に遊びながら耳のトレーニングをしてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド