アレクサンダー・テクニーク 本番 練習 身体の仕組み

自分で出来るアレクサンダーテクニーク体験

アレクサンダー・テクニークを体験してみたいけど東京にはなかなか気軽に行けないし・・なんて方のために、今日は自分でやれる体験方法をご紹介いたします。

有吉尚子です。こんにちは!

まず最初に、アレクサンダー・テクニークというのは脊椎動物全てに共通の身体システムをよりよく使うためのやり方だということを覚えておいてくださいね。

日本ではまだあまり認知されていませんが医学的にも裏付けのされている理論で、イギリス・オランダ・ドイツなどヨーロッパの国々ではアレスサンダーテクニークのレッスンを受けることに診断書があれば保険が適用されているそうです。

管楽器以外の人には関係ない、なんてものではなく人間として生活の中で行う動作全てに共通する仕組みの使い方を、楽器演奏に直接的に役に立つ形でお伝えしているものなので、原理が理解できて実際の使い方がわかったらぜひ色んなことに応用してみてくださいね!

では前にも書きましたがその原理の説明からいたしましょう。

まず頭の一番下と脊椎の一番上の接する環椎後頭関節(名前は覚えなくて全然OK)がムダに力んで頭が脊椎を下方向に押し下げる圧力をかけているときと、

それが自由に動けるように周辺の筋肉が緩んでいるとき、この二つの状態の時に人間の身体はちゃんと機能するかそうでないかの違いが生まれます。

この頭と首を繋ぐ筋肉をわたしは勝手に「違和感センサー」という名前を付けていますが、その名の通り収縮して動きを引き起こすという運動だけでなく、身体のバランスが傾いていたりどこかに無理がかかっていたり、という情報をキャッチする役割もしています。

(後頭部から見た図↓)

この違和感センサーの筋肉がむだに力んでいるとセンサー機能がちゃんと働かないんですね。

だから身体からの「この動きを続けると怪我するよ」「物理的に不可能だからこれはできないよ」というサインである痛みや違和感をキャッチできなくなってしまいます。

そして無理な動きや姿勢を続けてケガをしたり不具合を引き起こしたりします。

では違和感センサーをONにするためにはどうしたらいいのでしょうか。

実は「要らないことをしない」ということでしかこのセンサーをONにすることはできません。

試しにやってみましょう。

多少転んでも安全な場所で、出来れば誰かに見ていてもらいながらやってくださいね。

【その1】
目をつむって頭をすくめ、首も脊椎も絶対に動かしてはいけません。

その状態で周りの物や人に手を触れて安全を確認しながら、10歩ほどゆっくりと歩いてみましょう。

どんな感じがしましたか?

恐怖感はありましたか?

【その2】
目をつむって頭は自由に動かせるように緩めておきます。首も脊椎も柔軟に好きに動くことができます。

その状態で周りの物や人に手を触れて安全を確認しながら、10歩ほどゆっくりと歩いてみましょう。

どんな感じがしましたか?

恐怖感はさっきと違いましたか?

実験はこれで終わり。

20161101_180526

 

この二つにどんな違いがあったでしょうか。

【その1】は違和感センサーはOFFになった状態、

【その2】は違和感センサーがONになってる状態です。

目をつむって視覚情報が遮断されると手や足からの触覚や筋感覚から周囲の情報を得ようとしますね。

そのときに情報が入ってきにくい状態になるのがセンサーがOFFになってるときです。

周りからの情報が入って来にくくなるので、より不安感や恐怖感が強く呼吸も浅く歩き方もゆっくりになったのではないでしょうか。

反対に頭が動けて脊椎も自由になっていると手で触るものや瞼を通して入ってくる光や空気の動きやにおいも情報としてキャッチできるため不安感や恐怖は少ないはずです。

頭が動ける違和感センサーONのときとそうでないとき、楽器を吹いてみてその音や吹き心地でも大きな違いがわかるはずです。

このセンサーのスイッチが入ってるかどうかでパフォーマンスの質が変わるのは試してみると明らかなことですね。

アレクサンダーテクニークは身体の構造の勘違いや現実的に不可能なことをしようとしたりする思考の不具合や色んなことで頭と脊椎がギュッとなって違和感センサーがオフになってしまう原因を解決し、やりたいことが適切に行えるようにするものです。

色んな動作でこの二つの状態を比べてどんな違いがあるのかを体験するのは面白いのでオススメです。

ぜひ引き続きやってみて下さいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 本番, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド