ソルフェージュ レッスン 練習

きれいな音、それだけ?

Pocket

艶があって丸くて遠くまで届く良い音、出せたらいいな。

今回はその音楽をやる上で大切な要素が逆に音楽を邪魔してしまうというパターンについて。

わたしは丁寧に音作りをせず流れ重視で勢い任せに吹いていた大学に入りたてピカピカ一年生の頃師事していた先生から

「どんなに音楽的で魅力的あっても音質・音色がダメなら聴いてもらえないんだよ」

と言われたのをよく覚えています。

音楽をやる上で音質を気にせず音楽だけを聴くというのは不可能に近いので

「この音質はどうだろう?」

と常に注意を払い続けるのはとっても大切なこと。

それはその通りなのです。

それは大前提としてですがものすごく音が綺麗で聴き惚れる、けれど音楽にイマイチ推進力が感じられない。

そんな演奏を耳にしたことはあるでしょうか。

音質・音色に注意を向けているとついついその瞬間の響きだけを聴いてしまうということもあるのですね。

流れや全体のストーリーや周りとの関連でその音がどういう意味を持っているか、なんてことがお留守になってしまいとにかく音色だけを追求することに夢中になってしまうのです。

そして音色が壊れるのが嫌で思い切った表現をできなくなってしまうということも。

そういうケースも結構ありがちでよく目にします。

普通に考えたら当然音が良くて音楽もいいのが理想でしょう。

どちらかにしか意識がいかないという意味では音色が壊れていて流れや歌い方だけ考えているのも、音は良いのにそれだけな演奏も、同じように片手落ちなのですね。

ひとつのことに注意を向けたらそれ以外がお留守になる、そんなことにならないようバランスを考えて自分の演奏を作っていきたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド