ソルフェージュ 練習

練習の手順

Pocket

練習していてもいつ仕上がりそうか全く見通しが立たないと途中でくじけそうになりますが、どんなステップでどんな風にやればいつごろ出来るようになるかある程度想像が出来るとモチベーションを保ったまま練習を進めることができますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

今回はややこしいパッセージなど出てきたときの普段のわたしの練習の手順をご紹介します。

初見のレコーディングなどではなく初合わせまでに準備期間がいくらかある場合の練習について書いてみますね。

1,
まず最初に楽譜を手にしたら、音を出す前にスコアを見て他のパートとの絡みで注意が必要そうなところをチェックして楽譜にメモしておきます。

2,
次に実際に吹いてみて、とにかくインテンポで最後まで通してみます。

間違えようがなんだろうが止まらず一回だけやってみて全体の流れやイメージを掴むのがここでの目的です。

間違える習慣がつかないようにすぐにできなさそうなところは気になっても絶対にここで繰り返しインテンポで吹くようなことはしないよう気をつけています。

3.
ややこしい箇所やテクニカルでやりにくい部分もさっき通してわかったので、そこが絶対に間違わないで吹けるテンポはどれくらいか試します。

4.
ややこしい箇所が安全に出来るテンポでメトロノームをかけてそのテンポで全体を通します。

細かい音やアーティキュレーションなどなどを正確に把握するのが目的です。

このときに指順をメモしたり心配なところを取り出して出来るまで繰り返し練習します。

5.
だんだんテンポを上げて行きます。ゆっくりのテンポで絶対に安全だと思ったら、メトロノームの目盛りを3−5ポイント上げます。

やってみて細かい複雑な箇所が「速くなった!追いつかない!」と感じるようならテンポアップの幅をもっと少なくします。

6.
それを繰り返して目標テンポより10くらい速いところまで上げていきます。

初合わせのときに「試しに少し速めのテンポでやってみよう!」なんてことになっても安心な状況にしておくためです。

お互い忙しい中せっかく集まって合わせをするのに「今日はテンポ132までしか練習してません」なんてわけにはいきませんからね。

準備時間のあるなしなど状況によって練習の仕方は変わりますが、わたしはこの手順だと大抵の曲はストレスなく練習を進められます。

いいかも!と思ったらぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド