アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

エスクラ、ピッコロがカスカスの音になる

Pocket

いつもより高音のサイズも小さい特殊管楽器を演奏するとき、普段どおり吹いているつもりでもちょっと鳴りにくかったり音にツヤやハリがないなんてことはありませんか?

楽器が小さいならいつもより少ない息で鳴るはずだし音も高いから突き抜けないよう気をつけなきゃいけない!なんて思いますよね。

でもでもそれはその小さい楽器を見くびっているのかもしれません。

小さい楽器はいつもの楽器に比べて簡単なオモチャではないのです。

実際はよりシビアな音程感覚とコントロールスキルが必要な暴れ馬なのですよ。

楽器がダメなわけじゃない

いつもより鳴らないとしたら、楽器がダメなのではなくてそれは吹き手の鳴らし方の問題。

あまり使われてなくて鳴らされ慣れていない楽器はあなたがいつも通り吹いたからって飼いならされたいつもの楽器と同じように鳴るわけがありません。

だって楽器が鳴りやすい状態になるほど事前に充分に振動に慣らしてはいないのですから。

やる気のない乗り手が暴れ馬に気軽にまたがってみても振り落とされたりなんだりで簡単に乗せてもらえないのと同じ。

鳴ってくれないのは相手にされていないからなのですね。

プロ奏者がどんな楽器も鳴らせるのはなぜ?

暴れ馬楽器に相手にされたいなら、たくさん共振せずにはいられない、楽器が相手にせざるを得ない、と思うくらいしっかりと充分に吹き込んでみましたか?

それをやらずに「鳴らない楽器」なんていっても当たり前です。

振動は物理的な現象だし楽器も人間ではありませんが、物理現象である振動は起きる頻度が高いほど再振動するのも容易なもの。

いつも吹いている楽器は振動することに慣れていて、それはつまりあなたが吹いたときに反応することに慣れています。

誰も吹いていなかった楽器を初めましてで力ずくで鳴らすだけのパワーがある場合はともかく、まずはその鳴り慣れている状態を作らなければなりません。

それが日々やっておきたい特殊管の練習のひとつ。

ちなみにプロ奏者が中学高校など学校の備品として眠ってたような古い楽器をすぐ軽々と鳴らせるのは力ずくで振動させるだけのパワーがあるから。

エスクラやピッコロなど特殊管をしっかり鳴らしたいなら、ただ楽譜を追いかけるだけではなく合奏までに楽器を鳴り慣れた状態にさせておくのも大切なことです。

疲れるほど吹かなきゃダメ?

この力ずくで暴れ馬を乗りこなすパワーを使うことって、もしかしたらすごく疲れるイメージがあるかもしれません。

でもこれって体力の問題ではなく身体の使い方の効率の問題です。

だってプロ奏者ってガタイの良い大きな人ばかりではなく線の細い小柄で華奢な人なんかもたくさんいますのものね。

そんな一見強そうではない人でも身体の使い方次第でハイパワーの鳴りを実現する事はできている。

それなら体格とか体力の問題でないのは明らか。

それになにも管楽器だけでなくピアノだってヨボヨボの(失礼)小柄なおばあちゃん奏者が元気な大柄な若者もびっっくりのとんでもない迫力で演奏することだってザラなのですから。

なんでわたしには鳴らせないの?

もしもあなたが疲れるくらい吹き込んているのに鳴らないなら、それは単に疲れるためには充分なことをしているけれど楽器が鳴るためには充分なことをしていないということ。

冷静に考えたらわたしたちは楽器が鳴るための動作をすればそれでいいはずなのに、疲れるための動作をセットでやって「頑張ってる感」を得ようとしがち。

でもそれは自分が疲れるだけで誰も得をしません。

鳴るかどうかは関係なく疲れたいしやった感がほしい、という人にはいいかもしれませんがわたしたち演奏者には「鳴らないのに疲れるやってる感」なんて願い下げですよね。

本当に鳴らすためにできること

得てして吹き込みや楽器を鳴らすことを強力にサポートする筋肉は「やってる感」を感じにくい深層筋たちなのです。

だから見かけ上は軽々と吹いていて実はものすごくパワーを使ってるなんてことが起きるのです。

やってる感じはどうでもよく、実際に鳴ることに繋がる動作は何か、練習するときには忘れないでいたいものですね。

どんな深層筋が演奏に使えるのか知りたい方はアレクサンダー・テクニークを一緒に体験してみましょうね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド