アナリーゼ ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

吹きながらどれくらい周りが聴こえてますか?

Pocket

新しい楽譜をもらって練習して、いざ合奏に参加してみたときに「おおーこんな響きになるんだ!」なんて周りから聴こえてくるハーモニーやリズムにワクワクすることってありますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

大人数で鳴らしたときに一人では出せない厚みや迫力やニュアンスの大きな変化が作れるのが合奏の楽しいところのひとつだと思います。

そしてこういうのって自分で吹きながら周りの音を聴き取るので、楽譜にかじりついていたり指揮者しか気にしていない状態ではいくら周りで雰囲気が変わっても気が付かないなんてこともあるんですね。

吹きながら周りの音をモニタリングするのはいくつものことを同時にする結構複雑な作業ですから。

自分のことや近い場所に座ってる人とのアンサンブルに夢中になってしまうと客観的に聴いたらわかるようなハーモニーのニュアンスとか全体の噛み合い方などが聴こえなくなってしまうことも少なくありません。

でもせっかく演奏するなら作品の細かいところまで知って味わってみたいですよね。

それにはやっぱり吹きながらでなく楽譜を読んでみる時間が大切。

ピアノなど和音が出る楽器があればそれでスコアに書いてある音を鳴らしてみると吹いてるときに気付かないような雰囲気の変化に気がついたりして面白いですよ。

スマホアプリでイヤホンを使えば練習場所がないようなときだって客観的に音を聴いてみて楽譜を把握することが出来ますからいい練習になるものです。

そして事前に「ここが特徴的なんだ」という場所がわかっていたら、そのときに特に注意して周りと合わせたりニュアンスを変えたり出来ますよね。

たどたどしくてもいいし、「コラールの場所だけ」など部分的でも自分で和音を鳴らしてみる体験は合奏になったときに気にしたいポイントがよく分かるようになるのでとってもおすすめです。

吹きながらだと聞き落としがちな細かい変化も味わいたいという方はぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド