楽器練習効率化ガイドブック

ウィーンフィルの音を出すなんて
簡単じゃない!
そう思うかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

最近では電子楽器の音や
打ち込みのための音素材で
生の楽器の音を録音したものも
使われています。

その中のひとつに
「ウィーンフィルの音」
なんていうのがあるんですね。

一音一音ウィーンフィルの
弦楽合奏の音をサンプリングして
作られた音の素材です。

例えばこのサンプリングされた音で
自作の曲をパソコンで鳴らしたら、
それはウィーンフィルの演奏
なのでしょうか。

もちろんそんなわけありません。

ウィーンフィルの楽団員が
それぞれ楽譜を読んで
どう作品を表現したいか考えた
結果の演奏ではないんですから。

「ウィーンフィルの音」
なんていうと豪華な感じが
するかもしれませんが、
結局はサンプリングされた
ただの音の羅列なんですよね。

もちろん手軽に有名オーケストラの
音が使えるのは便利なことであり、
決して悪いことではありません。

でも
「ウィーンフィルの音」

「ウィーンフィルの演奏」
全く別物なんですね。

そしてそれと同じことを
生で演奏する人もやってしまってる
ことがあるんですよ。

このフレーズではどんな音を
出したいですか?
と尋ねた時にどんなフレーズでも
「キレイな音を出したいです」
と答えてしまう場合。

そのフレーズがどんな場面で
どんな役割りでどんな表情なのか
一切無視して「キレイな音」
だけを求めるなら、
それこそ人間が生身で演奏するより
サンプリングして加工された
音の方がキレイかもしれません。

わたしたちが生演奏を聴いて
本当にキレイだなと感動するとき、
どんな前後の繋がりで奏者が
何を伝えたいかがよく見えるとき
なのではないでしょうか。

たくさん練習して良い音が出せる
ようになるのは良いことですが、
ただ一音極上の音が出せたからって
それだけでは音楽にはなりません。

何のためにどんな音が出したいか、
安易に「キレイな音」に逃げずに
考えていきたいことですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。