アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

逆効果になる努力

ここぞ!という大事な場面で「何かしなきゃ!」「ちゃんとやらなきゃ!」なんて思ってついつい身体をこわばらせてることってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

演奏中に張り切ってついやってしまいがちなことの代表がブレスのときのムダな頑張り。

ブレスのためにお腹付近で何か頑張るのは結局要らない力みを生むだけでブレスの邪魔にしかならない、ということは何度かお伝えしてる通りです。

そして吹き込む時もお腹をカチカチに固めてしまったら必要な繊細なコントロールができなくなってしまうんです。

お腹はいつも柔らかく、発音や音色の操作のために繊細なコントロールをする余地を持っておく必要があります。

固まってしまっていたら大雑把な動きしか起こせませんからね。

わたしも以前はその要らないことを色々やっていましたが、多くの人がついお腹を固めて頑張ってしまうのはなぜなんでしょうか。

そのよくある理由が「頑張ってる感じがするから」というもの。

人間の身体には働いていることを感じられる筋肉とそうでない筋肉があるそうです。

心臓の筋肉なんて毎瞬毎瞬頑張ってる感じがしていたら疲れてしまいますもんね。

具体的には身体の表面の浅いところにある筋肉は、比較的何か動いてるとか働いている感覚を感じられやすいそうです。

反対に深いところにある筋肉はすごく働いていても、それを感覚として知ることはほとんどできないんだとか。

なぜでしょうね?

わかりませんが生命体として外部からの刺激に気がつくためかもしれないし、内臓などの動きにいちいち気がついていたら脳がパニックになるのかもしれません。

それはともかく。

あまりがんばってる感覚がないからと言って、必要な筋肉が働いていないとは限らないということです。

だって深層にある効率的に息を吹き込むための筋肉はちゃんと働いていたとしてもそれを感じられるわけではないのですから。

疲れないから頑張りが足りないかというとそういうものではないんですね。

だけど筋肉が疲れるとがんばったことが自分にとってわかりやすくなります。

とはいえ本当に必要なことをがんばったのかどうかは別問題。

もしかしたら演奏には必要ないことを頑張って疲れてしまっただけかもしれません。

息を吐くために頑張れる筋肉のほとんどはあまり動きを感じられないそうです。

さらに腹直筋という一番表面にあって、深層の筋肉を邪魔しないため最後に働いて欲しい筋肉が、一番がんばってる感を感じられるそう。

がんばってる感を得られるからってまずこの腹直筋を固めてしまうと…他の動きが不自由になって困りますね。

がんばってる感を得たいのではなく音楽のために効率的に吹き込みたいわけですから。

では何を判断基準にしたらいいかというともちろん出ている音です。

頑張ってる感じのする筋肉で要らない力みをしていると、鳴りが悪くなり音質も固く鋭くなりがちです。

そういう音を出したい場面ではもちろんそれをするのはテクニックのひとつですが、無意識に常に必要なことではありません。

また、本当にやりたいことが効率的にできているとき、「何もしていない感じがする」とはよくいわれます。

筋肉が疲れたかどうかより出た音がどうなってるか、ということで判断したいですね。

音楽をするという目的のために筋肉を働かせるのに、筋肉を働かせることで音楽を邪魔してしまっては本末転倒ですからね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド