レッスン 練習 身体の仕組み

値段の高い楽器ほど良い音がする?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

新しい楽器を買いたいという方に同じ機種の何本かの中からその方に合うものを選ぶ「選定」に付き添うことがよくあります。

そんな時、中高生の親御さんなど音楽にあまり詳しくない方からよく頂く質問に「楽器は高いほど良いんでしょうか?」というものがあります。

値段というのはランクとか機能とイコールな部分も確かにありますが単純に値段が高いほど良い音が出て扱いやすいというものではないのですよね。

例えば24金のフルート、ものすごい値段ですがフルートを吹き始めたばかりの6才の子供には重すぎて鳴らせないから買っても宝の持ち腐れになってしまいます。

そういう場合は逆に軽くて鳴らしやすい扱いやすい機種の方がオススメだったりしますよね。

これは極端な例ですが、他の楽器でも値段の高い機種では抵抗感も強く吹き込みにパワーが必要だったり、コントロールの幅が広すぎて微細なコントロールをしきれないという人には向かなかったり、というケースもあります。

また逆にクラリネットのあるメーカーの高級機種は吹き手が微細なコントロールをしなくてもある程度の良い音を楽器が作ってくれるようなシステムになっていて、どんな吹き方をしてもそれなりの音になるので普段楽器に触れる時間が少ないという方にはラクに扱える反面、操作による変化が出にくいのでたくさんの表情を使い分けたり音色の変化をつけたい奏者には扱いやすいにくかったりなんてこともあります。

またマーチングなど外で演奏することがメインになるならプラスチックの楽器が適していたりなんてこともありますね。

なんの道具でもそうでしょうが値段はわかりやすい尺度ではありますが音の良し悪しや吹き心地やコントロールの可能性は値段だけではわからないものなのですね。

もし誰かの楽器を選定することがあれば参考にしてみてくださいな。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド