楽器練習効率化ガイドブック

良い演奏とそうでないものの
違いがわかることは
上達するための大切な条件です。

では誰かの演奏を聴く時、
どんなところをポイントにして
聴いていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

わざわざ言うまでもないことですが
ホールの残響がどれくらいあるか、
エコーがどれくらいかかってるか
なんてことは良い演奏とは
関係ありませんよね。

音程が正しいかリズムが合ってるか
音の処理や音質がどうなってるか
フレーズ感や一音ごとの表情は、
そんなことを聴いてみても
いいかもしれませんが、
始めたばかりの頃はそれを聴き取る
のも簡単ではないでしょう。

その違いがわかるようにするのが
ソルフェージュです。

始めたばかりのビギナーは特に、
ろくにやったことのないことの
どこに注意したらいいかなんて
わからないのが当たり前。

スポーツだって料理や手芸だって
何事も自分でやってみたからこそ
他人事でなく自分に関連づけて
面白さや難しさがわかるのは
自然なことですね。

楽器演奏を始める前に
ソルフェージュをやる方が良いと
一般的に言われるのは、
楽器を持ったときにやりたい
音の扱い方や歌い回し方などを
すでに知ってる経験したこととして
捉えられるようになるという
メリットもあるからなんです。

声で歌ったり手でリズムを叩くのは
楽器で同じことをするよりも
慣れてるのでずっと簡単です。

そしてその土台が無ければ
最初の楽器のコントロールが
なかなか上手くいかなくて
変な音で変なリズムしか出ない
自分の不完全なコントロールの音が
無意識下で当たり前に
なってしまいます。

自分の出す音が当たり前になれば
それが基準になって日常的に
上手い人の演奏や目指したい音楽と
比較して意識しなくなるので
聴く耳が育たなくなるんですね。

どうやりたいかというのが
始めに頭にイメージとしてあると、
自分の不完全なコントロールの音は
当たり前ではなく、
改善の余地があることがわかるので
どんどん上手くなっていくんです。

違いを聴き取るのは生まれつきとか
ちょっとした豆知識とか
趣味とかセンスなんかではなく、
身につけたスキルなんですね。

どこをどう注意して聴いたらいいか
わからないから奏者に感想を
伝えるのも自信がない、
そんな方も自分でもっと聴く耳を
持ちたいと思うなら絶対に
変わることはできるものですよ!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。