楽器練習効率化ガイドブック

上手な人とそうでもない人、
その違いがあなたの耳には
わかりますか?

有吉尚子です。こんにちは!

やっと音階の運指を覚えた初心者と
ベテランのプロ奏者、
聴き比べたら違うのは
もちろんわかりますよね。

では、どちらがどんな風で
違いが感じられるかを
言葉にすることはできますか?

これがたくさん言葉にできる人は
確実に上手くなります。

そして「何となく雰囲気が・・」
というような言葉にしか
ならなかったらはっきり言って
上手くなるのには黄色信号です。

なぜかというと
違いを言葉にするには
細かな違いを聴きわける耳と
それを分析するスキルを
持ってる必要があるから。

親が音楽家で良いものを聴きながら
育ったなんて環境にいた場合以外、
始めたばかりの頃は普通は
すごい人の何がすごいのか、
自分に足りないのは何か、
というのがわからないものです。

音は出ている。
指も動いてる。
でも何かプロの演奏と違う。

それがわかったらどこが違うのか
何度も繰り返しCDを聴いたり、
先生に尋ねてみたりできます。

でも。

違いがわからなければ
手の打ち用がありません。

同じように出来ていると思うなら
上手い人に近づきたいとは
考えませんから。

そして違いがわかっても
何となく雰囲気が・・という感覚で
具体的に何が違うかわかろうとせず
その雰囲気を真似ようとしても
「雰囲気のコピー」
なんてできません。

雰囲気はオーラとか空気ではなく
具体的にやっていることによって
作られているわけですからね。

ということで、違いがわかって
その違いを埋めたいと思うなら
どこがどんな風に違うか知るために
言葉にすることは上手くなるために
とっても役に立ちます。

そしてその言葉にした違いを
克服するために何をしたら良いのか
という実際に動けるアイデアを
探すのが上手くなるための
近道なんですね。

たくさんの音源を聴いて
参考にしようとしても、
ぼんやり「すごいなー」で済ませて
受け取った情報をどうやって
活かすかを考えないでいては
時間も機会も無駄にしてしまって
もったいないですね。

違いをなんとなくではなく
言葉にすること、
本当に上手くないたいと思ったら
独り言でも日記の中でもいいので
ぜひやってみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。