コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

基礎合奏の発展練習

Pocket

基礎合奏をするときはどんなことに注意して進めていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

ただなんとなく音を伸ばし、音程が合うかどうかだけ気にしても面白くない練習になってしまうかもしれませんね。

せっかく他の楽器の音を聴きながら練習できるのならその機会を有効に使いたいものです。

では音程や出だしの揃い具体だけでなくどんなことに注意するといいのでしょう。

例えばフルートとクラリネットがユニゾンやオクターブ違いで演奏するとき、どんな音がするでしょう?

場面にもよるでしょうがフルートのキラキラした音とクラリネットのしっとりした音、ただ同時に出して音程とタテが合っていさえすれば良いわけではありません。

核になる役割と核に響きを付ける役割とか、エッジを出す係と厚みを増す係とか色々なパターンが考えられます。

同じ楽器でのユニゾンだって対等ではなくどちらかがメインでもう片方は響きをつけて広がりを出す役割だったりします。

楽器の組み合わせによっても場面によっても変わりますが、せっかくひとりではなく誰かと一緒に基礎練習を合わせられる機会があるなら有効活用したいですよね。

何の楽器が何本、それぞれお互いがどういう役割りか確認してからその役割りの順番で重ねていくと全体のサウンドがまとまって意味のわかるものになったりしますよ。

音程と発音、音量バランスなんて最低限のことだけでなく工夫次第で発展させた練習も基礎合奏ではできちゃいます。

基礎をやって次は曲!なんていう風に進めるのではなく丁寧にみていきたい時はシンプルな基礎合奏のパターンを使ってアレンジしていくのはおすすめです。

ピンと来たら取り入れてみて下さいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド