アナリーゼ ソルフェージュ 曲・楽譜

感じたままの演奏は気持ち悪い

Pocket

自然に湧き上がってきたものを自分が感じるままに表現する、それができたらいいですよね。

では自分が揺らしたいと思う通りにテンポを巻いたり緩めたりして結局元のテンポには戻らない、そんな演奏はどうでしょうか。

それはたしかに感じたままかもしれません。

でも、聴いている方からするととても気持ち悪いですね。

なぜなんでしょうか。

理由のひとつは基準となるテンポがはっきりしていないこと。

テンポを決めるというのは演奏表現のひとつなのですね。

どんなテンポで演奏するのか、その曲をどんな風に思ってるのか、そういうことがテンポ設定から見えたりするのです。

それが無いというのはたしかに気持ち悪いでしょう。

さらに、速くなったり遅くなったりなどテンポを揺らすということは基準になるテンポに対してどうか、というのが前提にあるものです。

基準が何もなければ速いも遅いもあったもんじゃありません。

ただ不安定なだけですね。

それも聴いているときに感じる気持ち悪さのひとつといえるかもしれません。

思ったように演奏することってただ感情任せに流されるんではなくまずは基準があってこそなものなのですよね。

何かのヒントにしていただけたら嬉しいです。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 曲・楽譜

© 2021 聴く耳育成メソッド