アナリーゼ ソルフェージュ 曲・楽譜

感じたままの演奏は気持ち悪い

自然に湧き上がってきたものを
自分が感じるままに表現する、
それができたらいいですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

では自分が揺らしたいと思う通りに
テンポを巻いたり緩めたりして
結局元のテンポには戻らない、
そんな演奏はどうでしょうか。

それはたしかに感じたまま
かもしれません。

でも、聴いている方からすると
とても気持ち悪いですね。

なぜなんでしょうか。

理由のひとつは基準となるテンポが
はっきりしていないこと。

テンポを決めるというのは
演奏表現のひとつなんですね。

どんなテンポで演奏するのか、
その曲をどんな風に思ってるのか、
そういうことがテンポ設定から
見えたりするんです。

それが無いというのは
たしかに気持ち悪いでしょう。

さらに、
速くなったり遅くなったりなど
テンポを揺らすということは
基準になるテンポに対してどうか
というのが前提にあるものです。

基準が何もなければ速いも遅いも
あったもんじゃありません。

ただ不安定なだけですね。

それも聴いているときに感じる
気持ち悪さのひとつといえる
かもしれません。

思ったように演奏することって
ただ感情任せに流されるんではなく
まずは基準があってこそなもの
なんですよね。

何かのヒントにしていただけたら
嬉しいです。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。
この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 曲・楽譜

© 2020 聴く耳育成メソッド