楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

歌うというのは自分が
楽譜の何をどう思っていて
どんな風に抑揚をつけたいのかを
実際の音にする作業です。

ということは、
どうやりたいかが
頭の中ではっきりしていなければ
歌うも何もないってことですよね。

「でもそのどうやりたいかが
 わからないんだもん」

という声も聞こえてきそうです。

では。

子供を寝かしつけるために
眠くなりそうな本を
読んであげるとき、
早口でまくし立てるように
読むでしょうか。

戦隊モノの映画で主人公が
窮地に陥ってるような場面で
幸せいっぱいほんわかした声で
セリフを言うでしょうか。

そんなことありえませんよね。

ではその場面に合った読み方は
どこから得たアイデアでしょう。

絵本や台本に書いてある文字から
状況をイメージしてふさわしい
雰囲気を作るんですよね。

ところで。

プロの朗読を聴いたことは
ありますか?

アマチュアというかプロじゃない
普通の読み聞かせは
自分でもできるので何となく
どんなものか想像がつくでしょうが
スマホのボイスメモで録音しつつ
自分で1フレーズ読んでみましょう。

「さあて、今からとっても
 眠くなるお話をしましょうか」

それと比べるとプロの朗読は
どこがどんな風に違うでしょう。

声の質や表情、速度や高さ、
聴き比べるとよくわかるでしょう。

【おやすみロジャー】
https://youtu.be/UQ9U2phJy0Y

プロは台本や絵本など文字から
どんなにたくさんの情報を
読み取っているのだろうか、
なんて思いませんか?

楽譜を見て音にするのも
全く同じことが当てはまります。

わたしたちは音符の羅列から
物語や情景を読み取りたいんです。

「どうやりたいか」
のヒントは楽譜に
隠されているのですね。

何かの参考にしていただけたら
嬉しいです。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。