楽器練習効率化ガイドブック

速いパッセージを演奏するときに
指がもつれてしまう、
そんなときに一旦立ち止まって
振り返ってみたいことがあります。

それは、
何の音を出したいのか具体的には
特に決めずに音を出すことは
できるでしょうか?ということ。

有吉尚子です。こんにちは!

ん?どういうこと?
と思いますよね(笑)

まあとにかく試しに
実際やってみましょう!

まずピアノかアプリか
触れば音が出るのもを用意して、
目をつむって一本指で
どこかの鍵盤を押します。

音は出ましたよね。

では音が出る前に何の音だか
予想できましたか?

目をつむっているんだから
無理に決まってますよね。

じゃあ次に目をつむったまま
手をぶらぶらさせつつ
「ラの音を出すぞ!」
と決意します。

そのまま目を開けずに
鍵盤を押してみましょう。

ラの音は出ましたか?

まぐれ以外でラが出ることは
無いはずです。

では自分の楽器で同じことを
してみましょう。

楽器を構えて目をつむって
何の運指をするか
どこのキーを押さえるか
どの高さの音を出すかは決めず、
さあ!音を出してみましょう!

できましたか?

音は出たでしょうか。

もし音が出たなら、
何の音が出るかを
事前にわかっていましたか?

できなかったよ・・
という方はなぜできなかったと
思いますか?

「意味がわからなかった」
と思った方は、正解です!

何の音を出すか決めないで
音楽に使う音を出すのは
無理なんです。

ではもう一つ、
ラの音を出すと固く決意します。

そしてどんな運指をするか
どんなアンブシュアでどんな息で
吹くかは決めないで
音を出してみましょう。

どうでしょうか。

もしもこれでラが出たら
それはただの偶然です。

音楽を演奏するときは
この高さでこの音質で
このタイミングでこの指で、
そういう意図が音を作ります。

それがなければ意味のある音には
ならないんですよね。

速いパッセージを吹くときは
どの音をどのタイミングで出すか
頭でわかっていますか?

もしわかっていなくて
指任せ運任せで吹いていたら、
さっきの実験と同じことを
しているわけです。

そして最後にもうひとつだけ
お尋ねします。

楽譜があって広くよく知られた
名作と言われる曲を演奏する最中、
しかも速いパッセージなら
雰囲気も盛り上がっていたり
お客さんもドキドキしながら
聴いている瞬間のはず。

そのときに奏者が突然さっきの
バカバカしい実験をやりだしたら
どんなことが起きるでしょう。

あなたはこのバカバカしい実験を
本番の舞台上でやりたいですか?

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。