アナリーゼ ソルフェージュ 思考と心 本番 練習

指がもつれる人がやっていること

Pocket

速いパッセージを演奏するときに指がもつれてしまう、そんなときに一旦立ち止まって振り返ってみたいことがあります。

それは、何の音を出したいのか具体的には特に決めずに音を出すことはできるでしょうか?ということ。

ん?どういうこと?と思いますよね(笑)

まあとにかく試しに実際やってみましょう!

まずピアノかアプリか触れば音が出るのもを用意して、目をつむって一本指でどこかの鍵盤を押します。

音は出ましたよね。

では音が出る前に何の音だか予想できましたか?

目をつむっているんだから無理に決まってますよね。

じゃあ次に目をつむったまま手をぶらぶらさせつつ「ラの音を出すぞ!」と決意します。

そのまま目を開けずに鍵盤を押してみましょう。

ラの音は出ましたか?

まぐれ以外でラが出ることは無いはずです。

では自分の楽器で同じことをしてみましょう。

楽器を構えて目をつむって何の運指をするかどこのキーを押さえるかどの高さの音を出すかは決めず、さあ!音を出してみましょう!

できましたか?

音は出たでしょうか。

もし音が出たなら、何の音が出るかを事前にわかっていましたか?

できなかったよ・・という方はなぜできなかったと思いますか?

「意味がわからなかった」と思った方は、正解です!

何の音を出すか決めないで音楽に使う音を出すのは無理なんです。

ではもう一つ、ラの音を出すと固く決意します。

そしてどんな運指をするかどんなアンブシュアでどんな息で吹くかは決めないで音を出してみましょう。

どうでしょうか。

もしもこれでラが出たらそれはただの偶然です。

音楽を演奏するときはこの高さでこの音質でこのタイミングでこの指で、そういう意図が音を作ります。

それがなければ意味のある音にはならないんですよね。

速いパッセージを吹くときはどの音をどのタイミングで出すか頭でわかっていますか?

もしわかっていなくて指任せ運任せで吹いていたら、さっきの実験と同じことをしているわけです。

そして最後にもうひとつだけお尋ねします。

楽譜があって広くよく知られた名作と言われる曲を演奏する最中、しかも速いパッセージなら雰囲気も盛り上がっていたりお客さんもドキドキしながら聴いている瞬間のはず。

そのときに奏者が突然さっきのバカバカしい実験をやりだしたらどんなことが起きるでしょう。

あなたはこのバカバカしい実験を本番の舞台上でやりたいですか?

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド