楽器練習効率化ガイドブック

楽譜の先を見ようとしたときや
速いパッセージに差し掛かる時、
「次はこう音楽を運ぼう!」
と思った瞬間など、
なぜかもつれたり走ったり転んだり
してしまいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

F.M.アレクサンダーさんの著書で
そういうことについて書いてあって
「なるほど確かに!」
と思ったのでご紹介します。

アレクサンダー・テクニークの
レッスンでよく話題になることに
やりたいことを達成する
手段と順序を無視して
とにかく突き進んで失敗する、
というトピックがあります。

たとえば壁を登りたいのに
はしごや階段を使わないで
やたらめったら壁に体当たりして
「登れないなあ・・」
というような場合のこと。

こういう目的達成にいたらない
がむしゃらに感覚的に目的に
向かうことをエンドゲイニング
なんて名前で呼ぶんですね。

そのひとつの形態として、
いまやろうとしてることよりも
先のことを身体で準備して
行おうとしてる場合に
もつれたり吃音になったり
なんていう問題が出てくる、
という風に書いてありました。

なんのこっちゃ。笑

楽器演奏の例で言うなら
ドミソと吹きたいから
まず最初にドの音を出すぞ!
という場面でミの指をしている
ようなときですね。

これ、無意識にやってませんか?

今目の前にあることをすっとばして
次のことをやろうとしても、
そりゃ引っかかりますよね。

引っかからなくても転んだり
テンポが走ったりするのは当然。

やりたいことに必要な時間を
充分に取るというのは大切ですね。

アレクサンダー氏の著書は
ほとんどが文体や文章構成が特殊で
かなり読みにくいんですが、
これはなるほどその通りだなと
納得したのでした。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。