アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

転ぶ・走る・間違えるの原因

Pocket

楽譜の先を見ようとしたときや速いパッセージに差し掛かる時、「次はこう音楽を運ぼう!」と思った瞬間など、なぜかもつれたり走ったり転んだりしてしまいませんか?

F.M.アレクサンダーさんの著書でそういうことについて書いてあって「なるほど確かに!」と思ったのでご紹介します。

アレクサンダー・テクニークのレッスンでよく話題になることにやりたいことを達成する手段と順序を無視してとにかく突き進んで失敗する、というトピックがあります。

たとえば壁を登りたいのにはしごや階段を使わないでやたらめったら壁に体当たりして「登れないなあ・・」というような場合のこと。

こういう目的達成にいたらないがむしゃらに感覚的に目的に向かうことをエンドゲイニングなんて名前で呼ぶんですね。

そのひとつの形態として、いまやろうとしてることよりも先のことを身体で準備して行おうとしてる場合にもつれたり吃音になったりなんていう問題が出てくる、という風に書いてありました。

なんのこっちゃ。笑

楽器演奏の例で言うならドミソと吹きたいからまず最初にドの音を出すぞ!という場面でミの指をしているようなときですね。

これ、無意識にやってませんか?

今目の前にあることをすっとばして次のことをやろうとしても、そりゃ引っかかりますよね。

引っかからなくても転んだりテンポが走ったりするのは当然。

やりたいことに必要な時間を充分に取るというのは大切ですね。

アレクサンダー氏の著書はほとんどが文体や文章構成が特殊でかなり読みにくいんですが、これはなるほどその通りだなと納得したのでした。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成®メソッド