楽器練習効率化ガイドブック

「講座やレッスンで学んだことを
仲間に伝えていいですか?」

なんてご質問をいただくことが
たまにあります。

有吉尚子です。こんにちは!

結論からいうと、
良いと思ったことはどんどん伝えて
周りの方に役立ててあげて下さい!
というお返事になります。

わたしがレッスンや講座で
お伝えしていることは、
「知ってる人は知っている」
音楽をやる上で必要な
土台になる情報なんですね。

音の聴き方や心身のコントロールや
楽譜の読み方なんてことは
世界中の人が色んな時代の人が
築き上げてきた共有財産であり
誰かが個人的に独占できるような
ことじゃないと思っています。

音楽をやりたいと思う人なら
誰でも平等に得る権利のある
情報なんですよね。

ただし。

人類の全ての人が物理学に
精通しているわけではないし、
医学的な専門知識を誰もが
持っているわけではありません。

それは情報を得たいと望む人が
教えるスキルを持った人から
文章や会話やレッスンなどで
教わるという過程を経て
伝わっているもの。

しっかり学んで活かす準備の
出来ている人だけが受け取れること
なんじゃないでしょうか。

あなたが今までしてきた学びは
道に落ちてたのを偶然拾った
なんてものではないはず。

この長い記事のシリーズを
最初から読み続けているあなたは
偶然音楽について詳しいのではなく
「自分や仲間に役立てたい」
という情熱を持って
時間やお金や労力を投資しながら
情報を得てきましたよね。

かなりの頑張り屋さんですね!

だから周りの仲間に伝えて
役立ててもらえることが
たくさんあるんだと思います。

それは活かさなきゃ
もったいないですね!

わたしも自分自身が
面白い!これは知って良かった!
と思って得てきた情報を別の誰かに
活かしてもらいたいと思うから
レッスン活動をしているわけです。

正しい知識や情報って
そんな風に広まっていくもの
なのかもしれません。

それに
しっかり自分の言葉で言えることは
あなたの中にしっかり定着して
使えるスキルになっているってこと。

「あれ?これは説明出来ない」
「わかんないこと質問された!」

なんてことがあっても
自分に足りないことを発見する
きっかけになったりもしますから
良い事だらけですね!

そして反対に学んだつもりでいても
言葉で説明出来ないことは
本当はわかっていなかったり
演奏でも実際に使うことは
できなかったりするんですよね。

せっかく学ぶならどんどん周りに
アウトプットして伝えられるか
チャレンジしてみるっていうのも
大切な学びの方法だと思います。

さらにアウトプットを続けると
あなたの教えるスキルもどんどん
パワーアップしちゃいますよ!

わたしはレッスンや講座では
小手先のお茶濁しテクニックでなく
普遍的な原理原則だと思うことを
お伝えするよう心がけています。

ぜひ周りのお仲間や生徒さんへ、
自分の言葉に噛み砕いて
アウトプットしてみてくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。