アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

ガマンは良くない

Pocket

アレクサンダーさんの本から印象的だったことをいくつかご紹介しています。

今日ご紹介したいのは、表面上はうまく行っているように見えたとしても自己抑圧が少しでもあるならその方法は実はうまくいってないダメなやり方だってこと。

これってなるほどなと思いました。

ここでいう自己抑制っていうのは我慢とか無理矢理に感じてるってことですね。

たとえばタバコをやめたいと思っている人の場合。

タバコを吸うのが問題だから「吸わない!」と我慢するんじゃなくてそもそも吸いたいと思う状況を作らないことの方が大切、ってこと。

だって我慢するってことは「やる」こととして、もしくは「やらない」こととしてすでに意識に浮かんでいて、その上で引き止めている状態ですもんね。

そもそもやりたいと思わないとか思い出しもしない、という状況になっていたら我慢なんて必要ありません。

タバコを目の前に置いてるのに吸いたくなったら意志が弱いと自分を責める、そんなのはちょっと変ですよね。

最初からタバコを目の前に置かなければいいんですから。

そしてタバコが目の前にないのに吸いたくなるとしたら、身体の使い方や環境の作り方に改善の余地があるのかもしれません。

やりたいと思う状況を作っているそれ自体が問題なのであって、やっちゃいけないことをやるのが問題なんじゃない。

これって習慣的な楽器の吹き方や練習をしたくないと思うような場面でも共通のことですね。

普段の身体の使い方とそれに影響された心の状態、習慣的な動作にも関わるんだと、とても納得したのでした。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド