楽器練習効率化ガイドブック

アレクサンダーさんの本から
印象的だったことを
いくつかご紹介しています。

有吉尚子です。こんにちは!

今日ご紹介したいのは、
表面上はうまく行っているように
見えたとしても
自己抑圧が少しでもあるなら
その方法は実はうまくいってない
ダメなやり方だってこと。

これってなるほどなと思いました。

ここでいう自己抑制っていうのは
我慢とか無理矢理に感じてる
ってことですね。

たとえばタバコをやめたいと
思っている人の場合。

タバコを吸うのが問題だから
「吸わない!」
と我慢するんじゃなくて
そもそも吸いたいと思う状況を
作らないことの方が大切、
ってこと。

だって我慢するってことは
「やる」こととして、
もしくは「やらない」こととして
すでに意識に浮かんでいて、
その上で引き止めている状態
ですもんね。

そもそもやりたいと思わないとか
思い出しもしない、
という状況になっていたら
我慢なんて必要ありません。

タバコを目の前に置いてるのに
吸いたくなったら意志が弱いと
自分を責める、
そんなのはちょっと変ですよね。

最初からタバコを目の前に
置かなければいいんですから。

そしてタバコが目の前にないのに
吸いたくなるとしたら、
身体の使い方や環境の作り方に
改善の余地があるのかも
しれません。

やりたいと思う状況を作っている
それ自体が問題なのであって、
やっちゃいけないことをやるのが
問題なんじゃない。

これって習慣的な楽器の吹き方や
練習をしたくないと思うような
場面でも共通のことですね。

普段の身体の使い方と
それに影響された心の状態、
習慣的な動作にも関わるんだと、
とても納得したのでした。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。