楽器練習効率化ガイドブック

同じ不愉快なことが起きた時に、
感情的にイライラする人と
冷静に出来事として受け取る人、
2通りいますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

それってなぜだと思いますか?

人間ができているかどうか?
性格の問題?

そんなことではなく自分で
どんな反応を選択しているか
なんですね。

イライラするのはイライラさせる
相手の問題じゃありません。

ただの事実としての出来事から
イライラするという選択をした
自分の問題なんです。

なんてことは以前の記事でも
書いていますが、
心や思考って身体の動きや
使い方と深い関係があるんですね。

感情のコントロールが自分で
ちゃんと出来るかどうかって、
実は身体の使い方が
影響しているんですよ。

ためしに頭と首と背骨を動かさずに
10歩くらいぐるっと歩いて
戻ってきてみましょう。

どんな気分ですか?

ずっとその動き方をしていたら
一日の終りにはどんな気分に
なっていると思いますか?

ではもう一つ。

頭も首も背骨も腕も足も胸も
全部が自由に動いていいと思って
10歩くらいぐるっと歩いて
戻ってきてみましょう。

さっきとどう違うでしょうか。

これってほんの些細な違い
かもしれませんが、
その些細な違いに着目できるか
見逃すかというアンテナ感度
あるかどうかも大切ですね。

こういう身体の使い方の
メンタルへの影響って大きいので
タバコを吸いたくなったり
練習に着手したくないと感じるのは
そもそもそういう心身の状況を
自分で作っているというのを
初めて聞いたときにはすごく納得
できるお話だなと思ったのでした。

振り返ってみると意外な面白い
発見があるかもしれませんね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。