アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 思考と心 身体の仕組み

気分は身体で変えられる

Pocket

同じ不愉快なことが起きた時に、感情的にイライラする人と冷静に出来事として受け取る人、2通りいますよね。

それってなぜだと思いますか?

人間ができているかどうか?性格の問題?

そんなことではなく自分でどんな反応を選択しているかなんですね。

イライラするのはイライラさせる相手の問題じゃありません。

ただの事実としての出来事からイライラするという選択をした自分の問題なんです。

なんてことは以前の記事でも書いていますが、心や思考って身体の動きや使い方と深い関係があるんですね。

感情のコントロールが自分でちゃんと出来るかどうかって、実は身体の使い方が影響しているんですよ。

ためしに頭と首と背骨を動かさずに10歩くらいぐるっと歩いて戻ってきてみましょう。

どんな気分ですか?

ずっとその動き方をしていたら一日の終りにはどんな気分になっていると思いますか?

ではもう一つ。

頭も首も背骨も腕も足も胸も全部が自由に動いていいと思って10歩くらいぐるっと歩いて戻ってきてみましょう。

さっきとどう違うでしょうか。

これってほんの些細な違いかもしれませんが、その些細な違いに着目できるか見逃すかというアンテナ感度があるかどうかも大切ですね。

こういう身体の使い方のメンタルへの影響って大きいのでタバコを吸いたくなったり練習に着手したくないと感じるのはそもそもそういう心身の状況を自分で作っているというのを初めて聞いたときにはすごく納得できるお話だなと思ったのでした。

振り返ってみると意外な面白い発見があるかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド