アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

脱力ってどこの力を抜くの?

「脱力ってどこの力を抜くの?」

そんな疑問を持っていたという方に
お話をうかがいました。

有吉尚子です。こんにちは!

アレクサンダーテクニークに限らず
巷で言われる良い奏法のポイントに
脱力というワードがよく登場
するんですよね。

「力を抜いて」
というのは一体どこの力を抜くのか
そしてそもそも力を抜くって
どういうことなのか、
それがあやふやなまま脱力奏法を
目指してみても理想的な音や
吹奏感はなかなか得られません。

なのでわたしはこの脱力という
ワードはくせ者だと思っています。

演奏するにはやはりそれなりに
結構な体力や筋力が必要です。

ゆるゆるダルダルの状態では
楽器演奏はできませんもんね。

そしてそもそもやりたい音楽に
適切なだけの力を使っていれば、
わざわざそれ以上の力をかけてから
それを辞めるという二度手間を
せずに済むのではないでしょうか。

なぜ
「力を抜かなければ」
という発想が出てくるかというと
無駄なことをしているからです。

最初から無駄なことはせず
必要なことだけしていたら
そもそも脱力を目指す必要は
ないと思うんです。

そんなこと言っても力入るもん・・
という方も大丈夫です!

今ついつい力を使いすぎた
演奏の仕方をしている人でも
脱力ではなく必要な分だけ
筋力を使って音を出す、
というのはできるんですよ。

脱力の前にやりたい演奏のために
力をどれくらい使う必要があるのか
知るのは大切なことですね。

ぜひ一緒にやっていきましょう!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド