楽器練習効率化ガイドブック

練習をするとき、
毎回録音しつつ聴き返しつつ、
なんて進め方をしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

演奏と耳からの情報収集両方を
同時にするより聴くだけのほうが
脳内がクリアで客観的に分析できる
という面もあるので録音して
振り返るのはとてもいい習慣だと
思います。

では。
録音した自分やアンサンブル相手の
音の何の要素を聴いていますか?

はっきり言って録音機は音色や
バランスのモニターには
あまり向きません。

マイクによって拾いやすい音域や
スピーカーなど出力する機械
によって
出て聞こえやすい音域が違うので
その特性で変わってしまうから。

一度ピアノとのアンサンブルで
スマホのボイスレコーダー機能と
演奏録音用の機械でどう違うのか
試したことがありました。

わたしの持ってるものだと
スマホの方が録音機よりも
高音を拾いやすく低音を
拾いにくかったんです。

スマホの音はキンキンして
バランスもクラリネットばかり
出て大きく聴こえるのに、
録音機ではピアノもクラリネット
も割りと普段の音に近く、
バランスもちょうど同じくらいに
鳴っていました。

以前スマホのレコーダーで
バランスを取ろうとした
別のアンサンブルで調整が
えらい大変だったのはこれか!
と気付いた瞬間でした。

ではリズムやフレーズのタイミング
などはどうでしょうか。

これは機械の特性によって
遅れたり速くなったりという
ものではないのでアテにしても
よさそうですね。

全体を通してみての流れなんかも
機械によって変わるわけでないので
参考になる情報かもしれません。

CDにして再生するための録音と
自分の耳の変わりに使う録音は
全然聴き方も違いますから、
録音機の使い方で迷ったときは
何を知りたくてこれを聴くのかな?
というのを確認してみると
良いかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。