楽器練習効率化ガイドブック

オーケストラの中で出てくる
ソロのフレーズや発表会での曲、
CDやコンサートで聴いた演奏家の
歌い回し方をマネしてみたことって
ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

真似するのは色んな意味でとても
いい練習になるのでオススメです。

そしてどうせやるならざっくり
なんとなく雰囲気を、
なんてことじゃなく細部まで
細かくコピーしてみましょう。

どの音がどれくらいテヌート
されているのか、
ゆっくりした分を取り戻して
前に向かってるのはどの音からか、
ダイナミクスはどの音からどう
かかっているのか、
音色の変化はどうなっているか、
全部を自分で聴き取って再現
してみましょう。

まずよく耳が訓練されてないと
細かいニュアンスは聞き取ることが
できないと思います。

コピーしようとすると
そこでまずソルフェージュの
トレーニングになり、
聴き取ったことを再現するための
ニュアンス操作でブレスの繊細な
コントロールのトレーニングにも
なります。

そして解釈のひとパターンとして
自分の中にストックすることも
できますよね。

短いフレーズのコピーだけだって
きちんとやるとかなり勉強に
なるものです。

CDだけでなくレッスンのときに
目の前で先生に吹いてもらって
それをコピーしようとしたら、
生音の方が情報がたくさんなので
もっともっと勉強になります。

どうやって歌えばいいのかな、
なんて迷ったときは潔く他人の
いい演奏をマネするのも
悪くないですよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。