アナリーゼ 思考と心 練習

いい音楽のためには遊ぶこと

Pocket

音楽以外に好きなことやこだわっているものってありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

わたしは「音楽をするなら音楽以外の芸術や良いものに触れなさい」先生や先輩などからそんな言葉をよく聞いていました。

そのときは「ふーん」くらいにしか受け取っていなかったのですが、今になってみると全くその通りだなと思います。

和音が変化して雰囲気が変わったら色合いや季節の移り変わりや味や空気の温度や肌触りなど、色んなものを連想させますよね。

「絶対音楽」という他の何かを思わせるのではないというジャンルでもやはり音そのものだけではなく今までに体験したり見たことのある他の何かの変化と関連付けて感じられたりするのではないかと思います。

たとえば「柔らかくなる感じ」があったとして、口溶けの速いふわふわかき氷を
食べている柔らかさと、暖かい子犬をなでているときに感じる柔らかさは全く別ものです。

音楽が好きだから音楽だけやる!というよりもたくさん遊んだり美味しいものを食べたり恋愛をしたり旅行したりするのは全部音楽に還元されるから大切にするべきことだと思います。

そういう点で、色んな体験をしてきている大人は子供よりも音楽をするのにはずっと有利ですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド