楽器練習効率化ガイドブック

ダラダラやるよりやることを決めて
テキパキとやってしまう方が
疲れないなんてお話をしました。

これってもしかしたら身体の動き
についても同じようなことが
起きているかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

例えば体力節約にダラダラ歩くと
ウォーキングのように元気に歩く
よりもむしろ疲れるなんてことを
体験したことはないでしょうか。

また、
グデっとしながら立っている時と
シャキッとして立ってる時、
長時間元気でいられるのは
シャキッとしてる方ですよね。

これは使ってる筋肉の違いによる
ところも大きいんです。

魚でいうと、
マグロのような泳ぎ続ける魚は
動きながらも疲れないように血液が
循環する血管などの仕組みのために
赤身になるそうです。

呼吸のために泳ぎ続けて水中から
酸素を取り込む仕組みなのに
ヘトヘトに疲れて泳げなくなったら
死んじゃいますもんね。

赤身の魚は疲れたら休む
というものではないんだそう。

その代わりあんまり機敏な瞬発力の
必要な動きは得意じゃないそう。

反対にヒラメなどの白身の魚
敵から身を隠してじっとしていたり、
食べられちゃいそうになったら
瞬発力を使って逃げなきゃ
なりませんから、
ゆったり動き続けるより瞬間的に
大きな力を使いたいわけです。

赤身のように持久力はない代わりに
瞬発力があるのが白身の魚
なんだそうです。

白身の筋肉は瞬間的に力を使ったら
すぐにエネルギー切れになって
疲れてしまうんですって。

この赤身と白身は人間の筋肉にも
あって無意識に使い分けて
いるんだとか。

例えば、
ずっと動き続ける心臓の筋肉や、
立っていたり椅子に座ってるときに
崩れ落ちないよう姿勢維持をする
のは赤身の割合が多い筋肉で、
身体の深いところにあるそうです。

そして疲れはあまり感じません。

人間生きている間は
心臓が疲れたからって動くを
やめたりはしませんもんね。

反対に大きな力を瞬間的に使える
白身の割合が多い筋肉は身体の
表面に近いところにあって、
それは使うと疲れてしまうそう。

この深層にある赤身の姿勢維持筋が
サボって働かないでいると、
疲れやすい浅層の筋肉が
頑張る必要が出てくるんですね。

一見脱力していてダラっとした
姿勢の場合は、
姿勢維持の疲れない筋肉の代わりに
外側の疲れやすい筋肉がたくさん
働いているというわけなんです。

それに演奏の時は外側の強くて
瞬発力のある筋肉は吹き込みや
楽器のコントロールに使いたいのに
すでに姿勢調整のために
働いていたらうまく使えませんし
すぐにヘトヘトになって
疲れてしまいます。

姿勢調整はそのための赤身の筋肉が
ちゃんとあるのでそっちを使って、
演奏動作のための筋肉はフリーに
しておきたいところですね。

かといってシャキッとした
姿勢を作るために
外側の疲れやすい筋肉を使っていたら
全く意味がないんです。

その違いは文字では表現が
難しいですが、
知っておくと日常動作でも
気をつけられることが
見つかるかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。