アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

力を使わない方が疲れる理由

Pocket

ダラダラやるよりやることを決めてテキパキとやってしまう方が疲れないなんてお話をしました。

これってもしかしたら身体の動きについても同じようなことが起きているかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

例えば体力節約にダラダラ歩くとウォーキングのように元気に歩くよりもむしろ疲れるなんてことを体験したことはないでしょうか。

また、グデっとしながら立っている時とシャキッとして立ってる時、長時間元気でいられるのはシャキッとしてる方ですよね。

これは使ってる筋肉の違いによるところも大きいんです。

魚でいうと、マグロのような泳ぎ続ける魚は動きながらも疲れないように血液が循環する血管などの仕組みのために赤身になるそうです。

呼吸のために泳ぎ続けて水中から酸素を取り込む仕組みなのにヘトヘトに疲れて泳げなくなったら死んじゃいますもんね。

赤身の魚は疲れたら休むというものではないんだそう。

その代わりあんまり機敏な瞬発力の必要な動きは得意じゃないそう。

反対にヒラメなどの白身の魚は敵から身を隠してじっとしていたり、食べられちゃいそうになったら瞬発力を使って逃げなきゃなりませんから、ゆったり動き続けるより瞬間的に大きな力を使いたいわけです。

赤身のように持久力はない代わりに瞬発力があるのが白身の魚なんだそうです。

白身の筋肉は瞬間的に力を使ったらすぐにエネルギー切れになって疲れてしまうんですって。

この赤身と白身は人間の筋肉にもあって無意識に使い分けているんだとか。

例えば、ずっと動き続ける心臓の筋肉や、立っていたり椅子に座ってるときに崩れ落ちないよう姿勢維持をするのは赤身の割合が多い筋肉で、身体の深いところにあるそうです。

そして疲れはあまり感じません。

人間生きている間は心臓が疲れたからって動くをやめたりはしませんもんね。

反対に大きな力を瞬間的に使える白身の割合が多い筋肉は身体の表面に近いところにあって、それは使うと疲れてしまうそう。

この深層にある赤身の姿勢維持筋がサボって働かないでいると、疲れやすい浅層の筋肉が頑張る必要が出てくるんですね。

一見脱力していてダラっとした姿勢の場合は、姿勢維持の疲れない筋肉の代わりに外側の疲れやすい筋肉がたくさん働いているというわけなんです。

それに演奏の時は外側の強くて瞬発力のある筋肉は吹き込みや楽器のコントロールに使いたいのにすでに姿勢調整のために働いていたらうまく使えませんしすぐにヘトヘトになって疲れてしまいます。

姿勢調整はそのための赤身の筋肉がちゃんとあるのでそっちを使って、演奏動作のための筋肉はフリーにしておきたいところですね。

かといってシャキッとした姿勢を作るために外側の疲れやすい筋肉を使っていたら全く意味がないんです。

その違いは文字では表現が難しいですが、知っておくと日常動作でも気をつけられることが見つかるかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド