思考と心 身体の仕組み

時間が無い人の方が上手くなる

「たっぷり時間があるから
今日はたくさん練習しよう!」
そんなときって
逆にいまいち集中できなくて、
結局忙しいときとやった内容は
そんなに変わらない・・
なんてことないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

それに長時間あるからって
何をやろうか考えつつ
ダラダラと練習をするときと、
短時間しかないけど
これはどうしてもやりたい!
とやることがはっきりして
練習するときでは
疲れ方が違いますよね。

結果的に同じことをやったとしても
短時間でテキパキと練習を
すすめた方が疲労度が低いのでは
ないでしょうか。

これって身体の疲労だけじゃなくて
考える頭のエネルギー
関係しているんですね。

以前にも書いていますが、
人の一日の決断や自制に使える
意志力は脳内の分泌物の関係で
決まってるそうです。

何をやるかいちいち検討するのは
その時々で必要なものを選ぶために
大切ではありますが、
毎回の練習で何をやるか
その場で決めるのでは意志力は
たくさん使われてしまいますね。

それに比べて時間のない時は
「最低でもこれとこれをやる!」
と思っていて練習をスタート
することが多いでしょう。

そうすると練習中は何のメニューを
やるか考えて決断するという
作業がいらなくなるんです。

そういう意味では自分なりの
ルーティンメニューを持っておく
のは役に立ちますね。

そして練習中にあれこれ気になって
「洗濯ができたからちょっと
ひとまず干してこよう」
「犬が近くに来たから少しだけ
かまってあげよう」
そんなことをするのにも意志力は
使われてしまうし、
ちょっと違うことをし終わって
練習に戻るのにも意志力を使う、
それじゃ疲れるのは当たり前
ですよね。

もしかしたら集中して練習に
向き合える環境の条件は
たっぷり時間があること
ではないかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-思考と心, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド