思考と心 身体の仕組み

時間が無い人の方が上手くなる

Pocket

「たっぷり時間があるから今日はたくさん練習しよう!」そんなときって逆にいまいち集中できなくて、結局忙しいときとやった内容はそんなに変わらない・・なんてことないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

それに長時間あるからって何をやろうか考えつつダラダラと練習をするときと、短時間しかないけどこれはどうしてもやりたい!とやることがはっきりして練習するときでは疲れ方が違いますよね。

結果的に同じことをやったとしても短時間でテキパキと練習をすすめた方が疲労度が低いのではないでしょうか。

これって身体の疲労だけじゃなくて考える頭のエネルギーも関係しているんですね。

以前にも書いていますが、人の一日の決断や自制に使える意志力は脳内の分泌物の関係で決まってるそうです。

何をやるかいちいち検討するのはその時々で必要なものを選ぶために大切ではありますが、毎回の練習で何をやるかその場で決めるのでは意志力はたくさん使われてしまいますね。

それに比べて時間のない時は「最低でもこれとこれをやる!」と思っていて練習をスタートすることが多いでしょう。

そうすると練習中は何のメニューをやるか考えて決断するという作業がいらなくなるんです。

そういう意味では自分なりのルーティンメニューを持っておくのは役に立ちますね。

そして練習中にあれこれ気になって「洗濯ができたからちょっとひとまず干してこよう」「犬が近くに来たから少しだけかまってあげよう」そんなことをするのにも意志力は使われてしまうし、ちょっと違うことをし終わって練習に戻るのにも意志力を使う、それじゃ疲れるのは当たり前ですよね。

もしかしたら集中して練習に向き合える環境の条件はたっぷり時間があることではないかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド