楽器練習効率化ガイドブック

楽器の練習って簡単で楽なこと、
そんな風に思ったことのある方は
このシリーズ記事の読者さんには
きっといないでしょう。

有吉尚子です。

こんにちは!

少しでも音出し時間を確保しようと
よく噛まずに急いでご飯を食べて
楽器があるので大荷物で移動して
仕事の帰りに小走りでカラオケに、
なんて音楽を続けるのは大変。

くじけそうになりながら
何ヶ月も同じフレーズを
何度も何度も繰り返し
出来ないことに向き合って
練習を頑張るのは辛い。

だけど、いえむしろだからこそ、
やりがいがあるし
できたときに嬉しいんだ。

そんな風に思っている人は
きっと少なくないでしょう。

大変なほど楽しいという
その気持ちはすごくわかります。

苦労していないってことは
実はちゃんと出来てなくて、
その出来てないことに
自分が気付いてないだけかも?
とちょっと不安になったりね。

コツコツ続ける真面目で
向上心の強い頑張り屋さんに多い
傾向だと思います。

そしてエスカレートすると
苦労して上手くなりたいから
効率的に上手くなる方法を避ける、
という本末転倒なことも
意外に起きてしまいがち。

苦労して出来る様になった方法に
盲目的にしがみつくことで、
新しくてスムーズに進める方法を
拒否してしまうんです。

そうやって大変な思いするほど
自分は音楽を大事にしてるという
気分になれるかもしれません。

今まで真剣に向き合ってきた人ほど
あるあると感じることでしょう。

それは本人がそれで楽しいなら
別段なにも問題はないでしょう。

それにもしかしたら
昔の自分が大変だった方法より
もっとずっといいやり方が出てきて
後輩や生徒さんが昔の自分のように
苦労せずに簡単に上手くなったら
過去の自分の頑張りや努力を
否定されたような気もしてしまう
かもしれませんね。

でも生徒や後輩に過去の自分と
同じように苦労をするのを求めたら
それはただの嫌がらせや意地悪に
なってしまいます。

誰かに伝えるときには
自分が苦労して身につけた
古い非効率なやり方ではなく、
最も効率的に目的に近づける方法を
伝えたいもの。

頑張ってる感と実際の上達は
必ずしも結びついてはいない
というのはわかっていて、
それでも頑張ってる感は
中毒性の高い魅力があります。

手のかかる子ほど可愛いのと
同じ理論でしょうか。

古い親しみのあるやり方を手放して
新しい方法を採用するときには
ちょっぴり寂しいかもしれません。

そんな心の動きはよくあるものだ
というのを知っているだけで、
なぜか執着してしまう葛藤から
解放されるきっかけになりますよ。

何かの助けになれば嬉しいです。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。