アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

好きだからこそ苦労したい

Pocket

楽器の練習って簡単で楽なこと、そんな風に思ったことのある方はこのシリーズ記事の読者さんにはきっといないでしょう。

少しでも音出し時間を確保しようとよく噛まずに急いでご飯を食べて楽器があるので大荷物で移動して仕事の帰りに小走りでカラオケに、なんて音楽を続けるのは大変。

くじけそうになりながら何ヶ月も同じフレーズを何度も何度も繰り返し出来ないことに向き合って練習を頑張るのは辛い。

だけど、いえむしろだからこそ、やりがいがあるしできたときに嬉しいんだ。

そんな風に思っている人はきっと少なくないでしょう。

大変なほど楽しいというその気持ちはすごくわかります。

苦労していないってことは実はちゃんと出来てなくて、その出来てないことに自分が気付いてないだけかも?とちょっと不安になったりね。

コツコツ続ける真面目で向上心の強い頑張り屋さんに多い傾向だと思います。

そしてエスカレートすると苦労して上手くなりたいから効率的に上手くなる方法を避ける、という本末転倒なことも意外に起きてしまいがち。

苦労して出来る様になった方法に盲目的にしがみつくことで、新しくてスムーズに進める方法を拒否してしまうのです。

そうやって大変な思いするほど自分は音楽を大事にしてるという気分になれるかもしれません。

今まで真剣に向き合ってきた人ほどあるあると感じることでしょう。

それは本人がそれで楽しいなら別段なにも問題はないでしょう。

それにもしかしたら昔の自分が大変だった方法よりもっとずっといいやり方が出てきて後輩や生徒さんが昔の自分のように苦労せずに簡単に上手くなったら過去の自分の頑張りや努力を否定されたような気もしてしまうかもしれませんね。

でも生徒や後輩に過去の自分と同じように苦労をするのを求めたらそれはただの嫌がらせや意地悪になってしまいます。

誰かに伝えるときには自分が苦労して身につけた古い非効率なやり方ではなく、最も効率的に目的に近づける方法を伝えたいもの。

頑張ってる感と実際の上達は必ずしも結びついてはいないというのはわかっていて、それでも頑張ってる感は中毒性の高い魅力があります。

手のかかる子ほど可愛いのと同じ理論でしょうか。

古い親しみのあるやり方を手放して新しい方法を採用するときにはちょっぴり寂しいかもしれません。

そんな心の動きはよくあるものだというのを知っているだけで、なぜか執着してしまう葛藤から解放されるきっかけになりますよ。

何かの助けになれば嬉しいです。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成®メソッド