アレクサンダー・テクニーク トリビア知識 思考と心 練習 身体の仕組み

上手い人のフリをする

Pocket

「出来る人を気取ると本当に出来るようになる」

そんな言葉を聞いたことがありました。

なるほどこれって脳の仕組みから考えても理にかなってるのかもしれません。

コーチングの理論だとコンフォートゾーンなんかのお話になってくるのでしょうか。

自分が心地よいと感じるところに無意識に向かっていくというもの。

自分は本当は出来るんだ、と心から思っていたら実際に上手くいってない現状は居心地が良くないのでなんとか上手くいくようにして自意識と現実を一致させるようになっていくとか。

わたしが学生だった頃、あるとき急に上手くなった同級生に何をしたの?と尋ねたら同じような言葉が返ってきました。

「上手い人になったつもりで吹くことにしたんだ」

と。

本人がどんなにそのつもりでも全く努力せず変わろうとしなければもちろん上手くなるはずはありませんよね。

当然ながら上手い人と自分の違いはどこなのかその違いはどうしたら埋まるのか考えて考えて考えて考えてたくさん練習をしたのでしょう。

そしてやっぱり「自分はこんなもん」「上手い人とはちがう」「ある程度しかできない」なんて心の底で思っていたらいくら努力して頑張っても結果はイマイチなまま。

だって上手くないのが自分であって上手いのは本当の自分じゃないから居心地が悪いんですから。

上手い人を気取ると上手くなる、試しにこっそりそう思ってみてもいいかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, トリビア知識, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド