ソルフェージュ トリビア知識 練習 身体の仕組み

一番良いリードで選んじゃダメ

マウスピースやリガチャーなど
楽器の仕掛け(セッティング)って
どれくらいの頻度で変えますか?

有吉尚子です。こんにちは!

どれくらい吹くかにも予算にも
近くに楽器屋さんがあるかどうか
にも左右されるものですが、
仕掛けはできれば定期的に
買い替える方がおすすめなんです。

というのは、
消耗品であるパーツは日々変化して
劣化し続けているものだから。

そして毎日会う人の髪が
いつ伸びたのかわからないように、
日々気付かないくらいの変化だと
自分が順応していってしまい
劣化に気が付かないから。

マウスピースやリガチャーって
毎日吹いたら3ヶ月くらいで
もう全く変わってしまうもの
なんですよね。

そして気が付かないうちに
それに慣れ順応していき、
劣化した仕掛けを吹くための
奏法になっていってしまいます。

劣化に合わせて奏法を変えて
自分の身体に負荷をかけていたり
感覚が淀んでいくのを防ぐ意味でも
定期的に仕掛けを変えていくのは
大切だと思うんです。

また仕掛けを新しくするときは
できるだけ今まで使っていた
古いものに似ていないのを
選ぶのがおすすめ。

吹きやすいのとか音の好みは
もちろんあるでしょうが、
そういうことではなく
古い仕掛けで育てたリードは
切ったり削ったりしていなくても
それに合うようにいつの間にか
調整されてしまっています。

そのリードで選んだ新しい仕掛けが
古いものに似ているのは
ごく自然なこと。

古い仕掛けのときに
一番良いと感じるリードは
もっと良い新しいセッティングには
合わないかもしれないんです。

ということは古い仕掛けで一番良い
と感じるリードを使って
マウスピースやらを選定するのは
トンチンカンだということ。

選ぶときの手順やコツの他に
そんなことも選定のときには
知っておきたいですよね。

仕掛けを選ぶときに客観的に聴いて
アドバイスが欲しかったり
お手伝いしてほしいという場合は
わたしもたまには試奏会を
することもありますが
まずは習っている先生に
相談してみると良いですよ。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-ソルフェージュ, トリビア知識, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド