アレクサンダー・テクニーク 思考と心

トンチンカンなアドバイスの裏側

Pocket

楽器を構えるときの姿勢としてどれくらい胸を張って脇をこぶしいくつ分開いて椅子にはこの深さで座って、なんて色々聞いたことがあるかもしれませんね。

このシリーズ記事を読んでる方はそんなことは個人差があり誰かに適したものが他の人には逆効果になる場合もあるってことはすでに知っているでしょう。

ではもしもあなたが「脇は何センチ開けなさい」なんて指導に行き合ってしまったらどうしますか?

無難に平和にやりすごすなら「はいはい」と頷きながら聞き流しておくのも一つの手です。

でもその指示をした指導者が何を目にしていて何を改善したくてどういうことが起きてほしいためにその言葉が出てきたのかを考えてみるのもいいかもしれません。

やりにくくさせるために何か言うなんて意地悪な人はほとんどいなくて必ず何かしら良い意図があって言葉を選んでいるはずですからね。

呼吸が窮屈そうに見えたから肋骨の動きをより促すために肘のことに言及したとか、

指が動きにくそうに感じたから軸に近い部分の力みを解消しようと腕のことを言ったとか、

もしかしたら自分がやってみて良かったことをただ言っただけというともあるかもしれません。

でも指導者であれば何かしら問題解決につながる見込みを持って発言しているはずなのですよね。

トンチンカンに思えるアイデアを解決法として提示されたとしてもそこには何かしら演奏をより良くするためのヒントとなる情報が隠れているもの。

コミュニケーションの取りやすい先生ならざっくばらんに「どんな風に見えましたか?どうなるといいと思いますか?」なんて尋ねてみるのもいいですね。

提案されたことを良いかダメかとジャッジするだけでなく、そこからさらに情報を得ることを考えられたら上達も加速するかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド