アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

指で頑張るほど動きが悪くなる?

Pocket

指で楽器のキーを押さえるためには指の筋肉を働かせれば必ずキーは押せるものでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

必要な筋肉が使われていたら必要な動きが起きるかというと、そうでもないなんてことも意外に多いかもしれません。

そんなことを言われても意味がわかりませんよね。

ちょっと実験してみましょう。

試しにキーから指が浮いた状態で力を入れておくことはできますか?

だいたいの人はできますよね。

この時、キーを押さえるための筋肉は働いています。

そして同時にキーから指を離すための筋肉も働いています。

相反する動きをする筋肉が同時に同じ強さで働いていれば、動きは起きないわけです。

動きが起きるためには必要じゃない側の筋肉は休んでいるか働きが弱まっている必要があるのです。

だから単純にここの筋肉を使う!では上手くいかない可能性もあったりするのですね。

動きとして確認しにくい腹筋なんか特にそうですね。

息を吸うときに、吐くための筋肉(お腹回り)が働いていて、吸うための動きを邪魔しているなんてことは多々あります。

こうやって相反する動きのための筋肉両方が働いていれば「やってる感」があって疲れます。

がんばったー!でもあんまり効果が出ない。

疲れるほどやってるのに、なぜか上手くいかない。

そういうとき、どの筋肉を使いたいかではなく動きの目的は何なのか(つまり何をしたいのか)を見直してみるのも役に立つかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド