アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

心と身体は別のもの?

Pocket

「tuttiのところは平気だけどソロになると緊張する」

「このフレーズがやりにくくて何だかストレスに感じる」

そんな時ってメンタルトレーニングとか緊張する心との向き合い方など改善策を探そうとしますよね。

反対に指や舌が何か上手くいかないなんてときは身体のコントロールについて気にしてみたり。

有吉尚子です。こんにちは!

こういうのって心身を切り離してそれぞれについて考えることが多いかもしれません。

そしてアレクサンダーテクニークでは心と身体は分けてそれぞれ別々に考えられるものではなく、どちらもお互いに影響しあっているということをよくいいます。

例えばきつい靴を履いているときはあまり深く複雑なことは考えたくなかったり、身体が疲れてるときは普段よりちょっと無気力になっていたりしますよね。

反対に力みすぎてしまうような時も身体が勝手に反射を起こす痙攣のような場合以外は「やらなきゃいけない」とか「もっと頑張るべきだ」なんて思考が引き起こしていたり。

身体を動かすのは脳からの指示でどんな意図を持つかの思考に身体の動きは左右されてるので、それぞれ別物として切り離して考えると片手落ちになったり、効果が出にくいからと同じ対策を繰り返すことで全体のバランスを崩したりしてしまいがちだったりするんです。

メンタル面のことを解決するのに身体の動きからアプローチしたり、その反対のアプローチもレッスンではよく使います。

ゴールは全体がうまくいくことなら身体だけ心だけではなく、お互いの影響や関連など全体を見る視点も忘れないでいたいものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド