楽器練習効率化ガイドブック

指がどうしても無駄に力んでしまう、
そんなケースに対して
「力みをやめましょう」
「脱力しましょう」
なんて対応するのは実はあんまり
効果のないことなんですね。

有吉尚子です。こんにちは!

どうしてかというと、
指が力んでしまうのは楽器の重さを
支えようと握る動作をしていたり
フォームなどを保とうとしていたり
という何か理由があるから。

不具合のあることでも
わざわざそれをやっているなら
何かしらそれをする理由が
あるはずなんですね。

偶然ついつい無意識に、
と思っていてもやっぱり同じこと。

そういうときは指をどうこうしよう
というレッスンよりも
何か他に指以外でするべきことを
さぼっているためのフォロー
なんじゃないかとか、
過去の習慣からの思い込みで
余計なことをしていないかなど、
思考面から見ていくのも
有効だったりするんです。

例えば楽器がグラグラしないように
指の力で楽器を支えながら
吹くのをやめて、
楽器の固定は口に当たってる部分や
ストラップに任せる、
そんな意図の変化だけでも
指回りがスムーズになったり
するんです。

指とか腹筋とか演奏に関わる身体は
偶然とか反射ではなく
意図によって動いてコントロール
されているので、
問題の原因は身体のことだけでも
思考など心のことだけでもなく
両方が複雑に関係しあっている
ものなんですね。

気になってることが実は
思ってもいない原因で作られてる
なんてこともあったりして、
興味深いことですよね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。