コミュニケーション レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心

キャラ設定次第で音も変わる?

「この人はこんなキャラだから」
なんて仲間内で盛り上げ役
いじられキャラが定着していく
ことってよくありますよね。

心理学的にも人は貼られたレッテル
の通りに振る舞うようになる、
というのがあるそうです。

有吉尚子です。こんばんは!

確かに中高生の不良キャラの子は
それらしい態度になっていくし、
優等生扱いされてる子は
本音を主張ができなくて悩む、
なんて状況をよく見かけます。

これって音楽や演奏に関しても
同じことが起こりうると
思いませんか?

例えば楽団の中で一番後に入って
いつまでも不慣れだった人が
後輩が入った途端にしっかりして
頼れる存在になったり。

もしかしたら
「一番の新人」というレッテルが
「先輩」というレッテルに
変わったのでそれに適応しよう、
というのがあるのかもしれません。

演奏面で言うと、
レッスンや合奏で先生にいつも
「あなたは音程が悪い」
なんて言われ続けて音程が良くなる
と言う例はあまりみたことが
ありません。

他にも
「いつも大きな音だね」
と言われ続けてる人はよりいっそう
大きな音になっていったり、
「綺麗な音だね」
と言われ続けてる人はよりいっそう
綺麗な音を追求していったり。

教育の方法として
そうなってほしいと思うレッテルを
貼ってしまう、なんて言う手法も
耳にしたことがあります。

もしかしたら普段の練習の時に
仲間にかける言葉の選び方で
全体の雰囲気も変わってくることが
あるかもしれませんね。

ピンときたら応用してみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2020 聴く耳育成メソッド