コミュニケーション レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心

キャラ設定次第で音も変わる?

Pocket

「この人はこんなキャラだから」なんて仲間内で盛り上げ役いじられキャラが定着していくことってよくありますよね。

心理学的にも人は貼られたレッテルの通りに振る舞うようになる、というのがあるそうです。

有吉尚子です。こんばんは!

確かに中高生の不良キャラの子はそれらしい態度になっていくし、優等生扱いされてる子は本音を主張ができなくて悩む、なんて状況をよく見かけます。

これって音楽や演奏に関しても同じことが起こりうると思いませんか?

例えば楽団の中で一番後に入っていつまでも不慣れだった人が後輩が入った途端にしっかりして頼れる存在になったり。

もしかしたら「一番の新人」というレッテルが「先輩」というレッテルに変わったのでそれに適応しよう、というのがあるのかもしれません。

演奏面で言うと、レッスンや合奏で先生にいつも「あなたは音程が悪い」なんて言われ続けて音程が良くなると言う例はあまりみたことがありません。

他にも「いつも大きな音だね」と言われ続けてる人はよりいっそう大きな音になっていったり、「綺麗な音だね」と言われ続けてる人はよりいっそう綺麗な音を追求していったり。

教育の方法としてそうなってほしいと思うレッテルを貼ってしまう、なんて言う手法も耳にしたことがあります。

もしかしたら普段の練習の時に仲間にかける言葉の選び方で全体の雰囲気も変わってくることがあるかもしれませんね。

ピンときたら応用してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド