コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

周りが合わせやすい演奏とは

アンサンブルをしていて
合わせやすい人合わせにくい人
いたりしないでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

それってなんとなくどことなく、
な感じがいちゃいますが
一体どんなところが
違うのでしょうか。

一つの例として、
遠慮がちにそっと吹いている人には
合わせにくかったりしませんか?

それってなぜなんでしょうか。

その理由の一つはそっと吹く時は
音になるタイミングが
吹き始めたタイミングより
後にくるからじゃないかなと
思います。

結構前に書いた記事なので
忘れてしまった方も多いかも
しれませんが、
以前日本語を話す人と
英語を話す人の発音のタイミングの
違いについて書いてある本をご紹介
したときにも触れました。

音は息の流し始めより少し後で
音になるので、英語を話す人は
狙った打点より早く息を流し始め、
逆に日本人は合わせたいタイミング
から息を流し始めるから
狙った打点より遅く音になる。

そしてそれがよく言う「後押し」や
発音の遅れにつながるのでは、
と言うことでした。

それと同じ理屈で
遠慮がちにそっと吹けば
実際に音になるタイミングは
息の流し始めより後になるので
合わせようとする人にとっては
打点が見えにくい
ということなのかなと思います。

またそっと吹く時って身体の動き
でも打点が見えにくいということも
あるかもしれませんね。

逆にとってもリーダーシップを
発揮している演奏を見ると
その反対のことが起こっている
のが見られます。

アンサンブルをしていて
自分に合わせて欲しいな、
なんてときにはそんなことも考えて
みてもいいかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド