コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

周りが合わせやすい演奏とは

Pocket

アンサンブルをしていて合わせやすい人合わせにくい人がいたりしないでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

それってなんとなくどことなく、な感じがいちゃいますが一体どんなところが違うのでしょうか。

一つの例として、遠慮がちにそっと吹いている人には合わせにくかったりしませんか?

それってなぜなんでしょうか。

その理由の一つはそっと吹く時は音になるタイミングが吹き始めたタイミングより後にくるからじゃないかなと思います。

結構前に書いた記事なので忘れてしまった方も多いかもしれませんが、以前日本語を話す人と英語を話す人の発音のタイミングの違いについて書いてある本をご紹介したときにも触れました。

音は息の流し始めより少し後で音になるので、英語を話す人は狙った打点より早く息を流し始め、逆に日本人は合わせたいタイミングから息を流し始めるから狙った打点より遅く音になる。

そしてそれがよく言う「後押し」や発音の遅れにつながるのでは、と言うことでした。

それと同じ理屈で遠慮がちにそっと吹けば実際に音になるタイミングは息の流し始めより後になるので合わせようとする人にとっては打点が見えにくい、ということなのかなと思います。

またそっと吹く時って身体の動きでも打点が見えにくいということもあるかもしれませんね。

逆にとってもリーダーシップを発揮している演奏を見るとその反対のことが起こっているのが見られます。

アンサンブルをしていて自分に合わせて欲しいな、なんてときにはそんなことも考えてみてもいいかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド