アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 練習

出来るかどうかの心配がなくなる練習方法

Pocket

運指の複雑な曲の練習、「この手順でやればこのくらいのペースで出来るようになる」なんていう自分に合う練習方法を持っているでしょうか?

もしそういう手順が特に無いとしたら普段何を指針に練習を進めて行っていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

毎度行き当たりばったりの練習では出来るようになる時期の目処が立たなかったり、練習にむやみに時間がかかったりしてしまいますよね。

人それぞれ得意なことや時間のかかることは違うので一概に言えるものではありませんが、自分なりの練習方法を確立しておくのは本番までの練習計画が立てられるし間に合うかどうかのギャンブルにドキドキするようなストレスから解放されるのでおすすめです。

もしまだ自分なりの「この手順でやれば絶対出来るようになる」という練習方法がなければこの機会に考えてみるのもいいでしょう。

考えてみるときには実際に何か期限(初合わせの日など)までに仕上げたいものを練習しながらその過程を記録していくやり方がシンプルで良いと思います。

・初めて楽譜を受け取った時

・少しずつ精度を上げていく時

・仕上げの段階

など各段階でそれぞれ目的や練習内容も違ってくるので、その時々で「今日の練習の目的は」なんてことを始めに決めてから取り組むのが良いですね。

やってみるうちにうまくいかない練習方法やムダに時間がかかるやり方をしてることに気づくようなこともあるかもしれません。

そうしたらそれをダメなプランとして忘れてしまうのではなく、自分にもっと合うやり方があるということがわかった大切な記録として覚えておきましょう。

上手く行かなかったり失敗したりというのは後で誰かに教えるときに貴重な情報になりますから。

そして上手く行かないやり方は何か別の方法に変えてみてそれがうまくいくかどうか練習しながら実験と記録を続けましょう。

そうやっているうちに自分なりの練習方法が確立されて行きます。

練習の手順が確率されてしまえばどうやったらできるのか、いつになったら仕上がるのか、なんて不安にとらわれなくて練習の途中でも快適に向き合うことが出来るのでおすすめですよ!

ぜひやってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド