アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

わざと外してみる練習

Pocket

普段避けようとばかりするところあえてミスをするなんてこと、やった経験はありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

わざと下手に演奏するなんて場面はサン=サーンスの「動物の謝肉祭」の中のピアニストという曲や、伊藤康英さんの「クラリネット作っちゃった」の中のリードミスみたいな音を出すなんて場面くらいしかわたしは行き合ったことがありませんが、意図的に望まない音を出してみるというのは結構勉強になるものなんですよ。

どういうことかというと、例えばクラリネットで言うならリードミスが必要な場面なんてほとんどないし普段のわたしたちにとっては極力避けたいことですが、避けるには避け方を知らなければならないんですね。

どんな操作をしたらリードミスの音になるかわからなければ、リードミスをしないために何をしなければいいかの判断ができないわけなんです。

そして望まない音がどういうわけで出るのかを知るのは練習のときにやっておくべきことです。

やりたいことのための正しい手順を何度もやって習慣にするのも練習ですが、やりたくないことや避けたいことがどんな仕組みで起こるのかを知っておくために試しに色々なパターンの音を出してみるのも知識や経験のストックになるいい練習と言えるんです。

たまにわざと外してみるというのは意図も動きも新鮮で興味深いものですよ!

ピンと来たらぜひ試してみてくださいな。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド