アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

わざと外してみる練習

普段避けようとばかりするところ
あえてミスをするなんてこと、
やった経験はありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

わざと下手に演奏するなんて場面は
サン=サーンスの「動物の謝肉祭」
の中のピアニストという曲や、
伊藤康英さんの
「クラリネット作っちゃった」
の中のリードミスみたいな音を出す
なんて場面くらいしかわたしは
行き合ったことがありませんが、
意図的に望まない音を出してみる
というのは結構勉強になるもの
なんですよ。

どういうことかというと、
例えばクラリネットで言うなら
リードミスが必要な場面なんて
ほとんどないし普段のわたしたちに
とっては極力避けたいことですが、
避けるには避け方を知らなければ
ならないんですね。

どんな操作をしたらリードミスの
音になるかわからなければ、
リードミスをしないために
何をしなければいいかの判断が
できないわけなんです。

そして望まない音がどういうわけで
出るのかを知るのは練習のときに
やっておくべきことです。

やりたいことのための正しい手順を
何度もやって習慣にするのも
練習ですが、
やりたくないことや避けたいことが
どんな仕組みで起こるのかを
知っておくために試しに色々な
パターンの音を出してみるのも
知識や経験のストックになる
いい練習と言えるんです。

たまにわざと外してみるというのは
意図も動きも新鮮で興味深い
ものですよ!

ピンと来たらぜひ試してみて
くださいな。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド