アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

自信は成功が作る

Pocket

F.M.アレクサンダーさんの本からいくつか興味深いことを紹介しています。

今回は「自信は失敗ではなく成功から生み出される」

という言葉について。

有吉尚子です。こんにちは!

これはやりたいことが上手くいくための身体全体の使い方をしていると、もちろんそのやりたいことは成功する確率が高まるわけですが、その成功の積み重ねが自己肯定感や自信に繋がって行き、ますます身体が動きやすい状態でいることを選択しやすくなる、という考え方ですね。

そして反対に、身体全体がやりたいことに対して上手くいかない使い方をされたらやっぱりうまくいかないし、上手くいかなかったという記憶は自信の喪失や苦手意識につながって次にそれをするときにますます身体を固めたり縮こまったりという不利な動き方を選択するようになるということも書かれていました。

興味深いですね。

自分を振り返ってみても全くその通りのことをしていたのを思い出します。

「これ、苦手なんだよな。」「この前失敗したしなあ」「これをやるの、憂鬱だな」

そんな風に思ってるときはやっぱり身体の動きを制限しがちです。

「これ得意なんだ!」「これやるの楽しいんだよね!」「わくわくして早く試したい!」

そんな風に考えている時は全身が動きやすいから当然やってることも上手く行きがちになるのですよね。

ということは練習は出来ないことの繰り返しとしてよりは成功体験として積み上げる方がずっとメリットがありそうですね。

どんなことを考えた時にどんな動きをしているのか、自分がどんな気分の時にどういう動きをしがちなのか、そんなことに気付いて動きも思考も選択できたら緊張やネガティブになることから解放されて行くかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド