ダイアリー

演奏動画「鳥の形をした四つの小品」

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

今回はお久しぶりな閑話休題。

この記事は情報量が多すぎて読むのが大変だとか有料にするべきだなんていう声もいただいています(笑)

もしかしていつも真面目な内容だと疲れちゃうかもしれないのでたまに閑話休題を挟もうと思いつつなかなか挟んでいませんでしたね。

今回はわたしの演奏動画のご紹介をいたします。

これは練習風景も公開する企画で撮った動画の完成版です。

曲間をカットしただけで売り物のCDを作るときのような細かい編集はしていないので音ミスなんかもそのまま入っています。

曲は吉松隆さんという作曲家の「鳥の形をした四つの小品」。

吉松隆さんは鳥にまつわる作品をたくさん書かれていて、このクラリネットとピアノのための作品はわたしが大学院1年生の年度末実技試験でも演奏した大好きな作品の一つです。

ピアニストはクラシックはもちろんミュージカルや即興演奏でも活躍中の小林瑶子さん。

ところどころに鳥の鳴き声のような特殊奏法が散りばめられているのも面白い一曲です。

ぜひ聴いてみてくださいな!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ダイアリー

© 2021 聴く耳育成メソッド