アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 練習 身体の仕組み 音楽理論

こんな生徒さんは受け付けていません

Pocket

ソルフェージュも楽典や読譜術もアレクサンダー・テクニークも基本的に初めての方が受けてもご自身の活動に役立てられるというのを重視してるのでレッスンや講座を受けるのに条件は特に設けていません。

ですがこんな方にはわたしのレッスンは合いませんよ、というケースが2つあるのです。

有吉尚子です。こんにちは!

1つは楽器を初めて持った初心者や楽譜のドレミを読めない方。

まだ楽器の扱いに慣れていないならまずはどんな運指で何の音が出るか知るところがスタートです。

楽譜のドレミが読めない方はまずは自分の楽器でどんな吹き方がどのオタマジャクシに該当するのか知って慣れるところが最初の一歩。

そしてそういうレッスンは大手の楽器店付属の音楽教室ならうちよりもずっと安い料金でアクセスも便利なところで受けられます。

初歩的なことはわたしの教室でももちろん教えられますが、もっと深く楽譜を読むために和声学を学びたいとか、ソルフェージュのレベルを上げてより良いレッスン活動をしたい、という方と同じ料金・同じ時間を使うことになるわけです。

それは伝える側も受け取る側もお互いに時間やお金や機会がもったいないので、うちでなくても受けられる機会が他にもある内容の場合はそちらをオススメしているんです。

どんなレッスンでも引き受ければ教室としてはお金になるかもしれませんが、楽器に初めて触れるタイミングの生徒さんにとっては最寄り駅に近くて低料金でたくさん通うことが出来てマメに専門家の指導を受けられた方が上達が早いですからね。

その人そのタイミングで適したレッスンというのは違うものなんですね。

もうひとつのケースは次の記事で書いてみますね。

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 練習, 身体の仕組み, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド