アレクサンダー・テクニーク レッスン 身体の仕組み

正しい奏法

Pocket

正しい動きで演奏できているかチェックしてもらいたい、そんなレッスンのリクエストをいただくことがよくあります。

有吉尚子です。こんにちは!

そういうときにわたしはいつも正しい動きというのはどういうことなのかをお尋ねします。

演奏のフォームとか姿勢って唯一の正解があるものではないというのは何度も書いていますが、有利なやり方と不利なやり方はたしかにあると思います。

そして誰でも何をするときでも、その時に持ってる情報の中で最善だと思うことを選んでやってるわけなんですよね。

だからその最善だと思った方法が間違いだということは無いんです。

もしもっと良いアイデアを知ったらそっちを選ぶかもしれなくても、選択肢の中で悪いと思うものは誰だって選びませんからね。

演奏フォームには背中をまっすぐにして脇はこれくらい開いてブレスのときは必ずここが動いてなんていう「型」みたいなあると思ってる方もいますが、それはそのやり方で上手くいってるという人の個人的な方法であって、誰にでも同じことが起きるのが最善だというわけにはいきません。

骨格も筋力も経験もやりたいことも全部人それぞれ違うんですから。

そして「これはいい!」と思ったことがあったとしても、それは一生使えるかどうかはわからないものですね。

体力や練習に使える時間が変わればもうそれは良いアイデアではなくなるかもしれませんし、もしかしたらもっといいやり方を知る機会があるかもしれません。

だから大事なのは正解の動きを出来ているかどうかではなくその時々でより良いやり方を選ぶために変化し続けることだと思います。

ひとつの「正解のやり方」に固執して新しいものを試せないのが合わなくなったときに怪我や故障に繋がるリスクが一番ある向き合い方なのではないでしょうか。

「正しい姿勢になってるがどうか」という問いにはそんな風にお答えしています。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド