楽器練習効率化ガイドブック

新しい吹き方の方が上手くいくのは
わかってるからそれをしたいのに
なぜかどうしても元のやり方に
戻ってしまう、
そんなことってありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

アレクサンダーテクニークの
レッスンを何度か受けて
頭と背骨の具合がどうなってるかで
他の全てのパフォーマンスが
影響されるとわかると、
吹くときにそのAO関節が
どうなってるかに注意しながら
動きを起こしたくなるんですね。

そりゃそうです。

わざわざ上手くいかない方法を
選ぶ人はいませんから。

そして注意深くAO関節を固めず
吹き始めようと楽器を構えたり
アンブシュアをアジャストしたり
ブレスをしたりと
色んな準備をします。

そして
いざ空気を楽器に送り込む!
という
その瞬間に固まってしまうパターン
の多いことと言ったら
びっくりするくらいなんですよ。

よくよく注意しながら
吹こうとしているのに
なぜ息を吹き込む一瞬で元通りの
やり方に戻ってしまうんでしょう。

不思議ですね。

わたしもそういう経験を何度も
しています。

というのは今までにやっていた
「吹く」という動きと
首を固める動作がセットで
脳にインプットされていたから。

吹くときには固めるもの、
というのが無意識で習慣的な動作に
なっていたら「吹く」という
自分にとっての大切なことを行う
瞬間には自然に出てきますよね。

本当はその自分にとって
大切なことをする瞬間こそ
新しくてうまくいくやり方に
したいんですけれどね。

古くて慣れている方法は
今までやってきた安心感もあって
なかなか手放すのが難しいんです。

元の身体の使い方にを戻ってしまう
瞬間をクリティカルモーメント
なんて呼びます。

呼び名なんかどうでもいいんですが
自分にとって大切なことほど
方法をリニューアルするのが
難しいというのは、
この一瞬で新しい方法への信頼が
古くて慣れ親しんでいる方法に
負けているからなんですね。

その一瞬に注目すると
ついつい元のやり方に戻ってしまう
なんてループから抜けるヒントが
見つかるかもしれませんよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。