楽器練習効率化ガイドブック

譜読みをするとか練習するって
書いてある音符をインテンポで
並べることが目標になっては
いないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もちろん書いてある通りのことを
インテンポでやるのは
合奏するための最低限の準備です。

まあこれを読んでる方にとっては
そんなことは当たり前、
わかりきってますよね。

ということで練習してから
合奏しましょうなんて話ではなく、
そのインテンポにする作業について
今回は書いてみます。

合奏までに何とかインテンポで
出来るようにと思って急いで
譜読みをすることは
実は多いのではないでしょうか。

そんなとき、
ついテンポにばかり注目して
多少音が滑ったり転んだり、
潰れてる音や飛び出してる音、
鳴りきってない音や音程が変で
マヌケな音があったりしても
無理矢理にテンポアップをしたり
していませんか?

そんな状態ではもちろん音楽は
そこにはなくて音符の羅列状態
になってしまうでしょう。

そして多少の粗があったり
主張したい音楽が無い状態で
テンポを上げるのは簡単なんです。

でもそれってメトロノームを
速いテンポで鳴らしているだけで
音楽を演奏する練習には
なってないんですね。

だって表現したいのは
指定されたテンポ自体ではなく
それによって表されている音楽
なんですから。

音楽が空っぽのままテンポだけ
上げたって無意味です。

それでは合奏で足りない音は
なかったとしても、
それぞれの音楽的な主張や解釈を
すり合わせる場としての合わせには
用が足りません。

音が並んでいるだけでは指揮者や
トレーナーが何かしら味付けを
してくれるのを待つだけです。

そんなつまらないことのために
音楽をやってるんではなく
自分で表現したいから
わざわざ演奏をするんですよね。

だとしたら絶対に間違わないし、
鳴りきらない音も滑ってる音もなく
ひとつひとつの音符ごとに
主張ができるテンポから始めて
少しずつ上げていくのが大切。

音楽が空っぽのインテンポではなく
ひとつひとつの音に表情があって
主張が込められたインテンポが
音楽には必要なんですね。

急いでインテンポにしなきゃ!
というときこそ、
何を含めたインテンポなのか
はっきりさせておかないと
誰かの料理待ちな素材しか
出来上がらないかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 9月 28日