合奏・アンサンブル 練習

合奏までにどこまで仕上げるべきか

Pocket

譜読みをするとか練習するって書いてある音符をインテンポで並べることが目標になってはいないでしょうか。

もちろん書いてある通りのことをインテンポでやるのは合奏するための最低限の準備です。

まあこれを読んでる方にとってはそんなことは当たり前、わかりきってますよね。

ということで練習してから合奏しましょうなんて話ではなく、そのインテンポにする作業について今回は書いてみます。

合奏までに何とかインテンポで出来るようにと思って急いで譜読みをすることは実は多いのではないでしょうか。

そんなとき、ついテンポにばかり注目して多少音が滑ったり転んだり、潰れてる音や飛び出してる音、鳴りきってない音や音程が変でマヌケな音があったりしても無理矢理にテンポアップをしたりしていませんか?

そんな状態ではもちろん音楽はそこにはなくて音符の羅列状態になってしまうでしょう。

そして多少の粗があったり主張したい音楽が無い状態でテンポを上げるのは簡単なのです。

でもそれってメトロノームを速いテンポで鳴らしているだけで音楽を演奏する練習にはなってないのですね。

だって表現したいのは指定されたテンポ自体ではなくそれによって表されている音楽なのですから。

音楽が空っぽのままテンポだけ上げたって無意味です。

それでは合奏で足りない音はなかったとしても、それぞれの音楽的な主張や解釈をすり合わせる場としての合わせには用が足りません。

音が並んでいるだけでは指揮者やトレーナーが何かしら味付けをしてくれるのを待つだけです。

そんなつまらないことのために音楽をやってるんではなく自分で表現したいからわざわざ演奏をするのですよね。

だとしたら絶対に間違わないし、鳴りきらない音も滑ってる音もなくひとつひとつの音符ごとに主張ができるテンポから始めて少しずつ上げていくのが大切。

音楽が空っぽのインテンポではなくひとつひとつの音に表情があって主張が込められたインテンポが音楽には必要なのですね。

急いでインテンポにしなきゃ!というときこそ、何を含めたインテンポなのかはっきりさせておかないと誰かの料理待ちな素材しか出来上がらないかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成®メソッド