楽器練習効率化ガイドブック

譜読みっていうのは
楽譜に書いてある通りに
音符を並べるだけではなくて
そこに音楽を仕込むことだって
お話を前回の記事でしました。

今回はその音楽を仕込む
練習の仕方について書いてみます。

有吉尚子です。こんにちは!

テンポが上がってから
抑揚を付けていこう!

なんて思ってひとまずテンポ上げに
専念して音楽は後で・・
それではダメなんです。

なぜならひとつひとつの音に
表情をつけるってことは、
それだけ微細なコントロールの
スキルが必要だから。

ゆっくりのテンポのときに
それをしていなかったのに、
速いテンポになっていきなり
その微細なコントロールが
果たしてできるでしょうか。

出来るわけがありませんよね。

じゃあなぜゆっくりのときに
表情や抑揚を付けて
練習しないでしょうか。

ゆっくりだと雰囲気がつかめない?

でも速く吹いたら雰囲気を感じる
心の余裕があるんでしょうか。

「速くてかっこいい」
以外に何か感じることは
出来るんでしょうか。

最初から速く吹いていたら
細部まで気を配れないから
仕上がりの精度が落ちます。

ゆっくり練習するときに
微細な色合いの変化や
抑揚をどうつけたくなるかに
注意を払わなければ
音楽的にやりたいことは
はっきりしないままでは
ないでしょうか。

ゆっくりのときから作品のどこが
どんな風な抑揚を求めているか
注意を払って探しながら、
表情をつけて一音一音に
音楽を仕込んで行くのが練習です。

作品の良さは放っといても
自然に感じるものかもしれません。

でもなんの注意も払わなくても
キャッチできる情報ではなく、
ちゃんと注意を払った人にだけ
見えてくるものなんですね。

そしてそれを音楽表現として
細かなコントロールをして
再現できるのはそのために
きちんと準備した人だけ。

世の中には楽譜の読み込みが
速くて初見で作品のどこを
どうしたいかわかる人も、
それを音にするためのテクニックが
完成されているから長時間の練習を
必要としない人もいます。

でもそれは偶然でも才能でもなく
どれだけ細かなところまで
作り込む意図を持っているかです。

何にも考えてないし何にも努力
してないわけじゃないんですね。

譜読みをするときには
参考にしてみてくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。